F1 ニュース

2019.09.10

ベッテルのスピンに巻き込まれたストロールが怒り心頭。「僕には何の落ち度もないのにひどい災難だった」:F1イタリアGP日曜


F1 | ベッテルのスピンに巻き込まれたストロールが怒り心頭。「僕には何の落ち度もないのにひどい災難だった」:F1イタリアGP日曜

 2019年F1第14戦イタリアGP決勝でレーシングポイントのランス・ストロールは12位に終わった。ストロールは、6周目にスピンしたセバスチャン・ベッテルのコース復帰に巻き込まれる形でスピンを強いられ、今度は自身がコースに復帰しようとする際にピエール・ガスリーの進路を妨害する形となっていまい、ドライブスルーペナルティが科されてしまった。

■スポーツペサ・レーシングポイントF1チーム
ランス・ストロール 決勝=12位

2019年F1第14戦イタリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がランス・ストロール(レーシングポイント)と接触
2019年F1第14戦イタリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がランス・ストロール(レーシングポイント)と接触

 受け入れがたい結果だ。今日はかなりのポイントを獲れたはずだった。だが、(セバスチャン・)ベッテルが強引にコースに戻ってきて僕をヒットした時点で、すべてが台無しになった。あの出来事に関して、彼に対する怒りが収まらない。

 僕は左へ進路を変えて回避しようとしたのに、彼はクルマを止めずに動き続け、結果として接触が起きた。悪いタイミングで悪い場所にいたとしか言いようがない。

 彼を避けるためにできることは全部やったし、黄旗にも気づいてスロットルを戻していた。だが、彼はアスカリでいきなりコースに復帰してきて、こっちはスピードを落としていてもなお、どうすることもできなかった。

 僕は横からヒットされてスピンして、コースに対して横向きに止まった。そして、僕自身がコースに戻ろうとした時に、僕までがペナルティを科された。こっちには何の落ち度もなかったのにね。本当にひどい災難だった。

 僕にはピエール(・ガスリー)が見えていなかった。レーシングラインを塞がないように努力はしていたし、ベッテルのせいで追いやられた危険な位置から、とにかくクルマを移動させようとしていたんだ。それまでは順調に7番手を走っていて、8番手に対して十分なギャップもあった。後ろにいたマクラーレンを徐々に引き離し、前にいるルノー勢も見えていた。

 その時点では、すごくいいレースになりそうに思えたのに、状況は一瞬で変わりうることを証明するような形になった。今年はまだいくつもレースが残っているし、クルマもさらに良くなるだろう。でも、この腹立たしさは、1日か2日は続きそうだ。何もなければ、確実にかなりの得点ができたと思うけど、まあこれがレースというものだ。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

docomo team DANDELION RACING Circuit Lady
今村仁美(いまむらひとみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング