F1 ニュース

投稿日: 2019.09.24 07:50
更新日: 2019.09.24 11:28

クビサ「タフだったが、これほど良いレースができたことは大きな成果だ」:ウイリアムズ F1シンガポールGP日曜


F1 | クビサ「タフだったが、これほど良いレースができたことは大きな成果だ」:ウイリアムズ F1シンガポールGP日曜

 2019年F1第15戦シンガポールGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのロバート・クビサは16位、ジョージ・ラッセルはリタイアに終わった。

 この2019年シーズンをもってウイリアムズF1を離れることを明かしたクビサ。19番手からレースをスタートし16位でフィニッシュと、厳しいレースを強いられたが、今回のレースでは大きな成果があったという。

 チームメイトのラッセルは、36周目にロマン・グロージャン(ハース)とターン8の出口で接触し、リタイアという結果に。今年は2台揃ってここまで1度もリタイアすることなく完走してきたがウイリアムズだが、今シーズン初めてラッセルはリタイアという結果に終わった。

■ロキット・ウイリアムズ・レーシング
ロバート・クビサ 決勝=16位
 このレースがドライバー、クルマ、タイヤにもたらすあらゆる困難に、うまく対処できたと思う。最後のセットのタイヤはバランスに問題があり、終盤の20周ほどはかなり難しいドライブを強いられた。最終的な成績は良いとは言えず、それは予想どおりだった。

 だが、このレースがとてもタフだったことを考えると、個人的な目標に関しては、大きな成果があった。2〜3年前の自分がどんな状態だったかは、僕自身がよく知っている。これほどいいレースができるようになるとは、誰も思わなかったはずだよ。

ジョージ・ラッセル 決勝=リタイア

2019年F1第15戦シンガポールGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 最初からひどいレースだった。よくあることながら、スタート直後のターン1で、ロバート(・クビサ)とダニエル(・リカルド)の間に挟まれてしまったんだ。その後のレースペースは良かったと思うけど、今度は(ロマン・)グロージャンがターン8の入口でオーバーテイクを仕掛けてきた。

 エイペックスで横並びになったものの、インサイドにいた僕の方がやや有利で、出口では明らかに前に出ていた。その時点でアウト側にいるドライバーは、そこのコーナーでは負けを認めて譲らないといけない。だが、次に何が起きたかと言うと、彼の右前輪がこっちの左後輪をヒットして、僕はウォールに突っ込んだ。まずまずの週末になりそうだったのに、失われた機会として終ることになった。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

KeePer Angels
今井みどり(いまいみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング