F1 ニュース

投稿日: 2019.10.29 07:10
更新日: 2019.10.30 11:28

F1 Topic:フェルスタッペンの予選後ペナルティについてFIAが説明「彼の会見コメントはまったく影響を与えていない」


F1 | F1 Topic:フェルスタッペンの予選後ペナルティについてFIAが説明「彼の会見コメントはまったく影響を与えていない」

 F1第18戦メキシコGPのレース後、レースディレクターのマイケル・マシが定例の記者会見を開き、土曜日の予選後に科したマックス・フェルスタッペンのペナルティについて説明した。

 まず、ドライバーのダッシュボードに黄旗を知らせる警告灯が点灯しなかった件だ。

2019年F1第18戦メキシコGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が予選Q3でクラッシュ
2019年F1第18戦メキシコGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が予選Q3でクラッシュ

「ダッシュボードに黄旗の警告灯が点灯しなかったのは、そのボタンを押すべきポストを、クラッシュした(バルテリ・)ボッタスのマシンが直撃したことでケーブルが断線したため機能しなくなった」

「赤旗、セーフティカー(SC)、バーチャルセールティカ―(VSC)はレースコントロールで管理するのだが、コース上で起きたアクシデントを知らせるために本物の黄旗を振る判断を行うのは、各ポストにいるマーシャルたちだ」

「該当するマーシャルは旗を振って後続のマシンに注意を促した後、ただちにボタンを押してレースコントロール室に知らせなければならないが、配線が断線していたためにボタンは押したが、それが機能しなかった」(マシ)

 次に予選の最後のアタックでは、フェルスタッペン以外にもボッタスのクラッシュの後、コントロールラインを通過したドライバーがいる。ボッタスのクラッシュの後、最初に通過したのがルイス・ハミルトン(メルセデス)で、その次にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が通過。そして、最後にフェルスタッペンが通過した。自己ベストを更新したフェルスタッペンが減速しなかったことはわかるが(実際に本人も認めている)、ほかのふたりはどうだったのか。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム