F1 ニュース

投稿日: 2019.11.02 18:37
更新日: 2019.11.06 19:42

ホンダ田辺TDインタビュー:共通パーツで莫大な開発費を制限。2021年新規定下でのパワーユニットのコスト削減の考え方


F1 | ホンダ田辺TDインタビュー:共通パーツで莫大な開発費を制限。2021年新規定下でのパワーユニットのコスト削減の考え方

 2021年の新レギュレーションが10月31日に発表。シーズン最大開催数が25戦に拡大されスタッフの負担が予想される。今後の状況を見据えたホンダの対応、そして2021年からはパワーユニット(PU/エンジン)の規則について田辺豊治テクニカルディレクターに聞いた。 

—————————————-

──2021年の新レギュレーションでは、最大年間25戦開催、その代わりに1GP4日間だったのが3日間に短縮されます。ホンダとしてはそれらの対応は、すでに決まっていますか?
田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):
これからの検討課題ですが、チームがどう戦うかとも絡んでくる。なのでチーム側の運営方法と、擦り合わせる必要がありますね。

 単純に人員を増やすとか、どうするかはまだ未定です。サーキットを出る時間も今までよりずっと早くなるとか、他にもいろいろ変更点がありますし。

 最大25レースとなると、やはり増員方向かもしれません。ただ絶対数を増やすというより、スキルのある人を充実させて、交代制にするというイメージでしょうね。

 25戦、全部行くのは、心身ともにキツイですからね。キーになる人材は仕方がないですが、あとは交替しながらやり繰りして行く。人数を増やすというより、層を厚くする必要があるでしょう。

2019年F1第19戦アメリカGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第19戦アメリカGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

──レース数が増えることによって、パワーユニットの年間基数制限も変わりますか?
田辺TD:
2020年は22レースですよね。それに関しては、今年と変わらずで年間3基です。2021年以降、23とか24、25レースになった場合も、すでに合意はできています。

──パワーユニットは、現行より5kg重くなり、さまざまな共通パーツを使うとのことです。それに対してホンダの評価は?
田辺TD:
これもメーカー4社とFIAが協議を続けてきた中で、全員が合意して決まったことです。


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング