F1 ニュース

投稿日: 2016.10.08 14:32
更新日: 2016.10.08 14:35

ザウバー、来季は1年落ちフェラーリPUを搭載。大規模なF1規則変更に対応するため


F1 | ザウバー、来季は1年落ちフェラーリPUを搭載。大規模なF1規則変更に対応するため

 ザウバーF1は2017年に2016年型フェラーリパワーユニットを使用することを決定した。チーム代表モニシャ・カルテンボーンは、現在と同じパワーユニットを使い続けることで、来年大きく変更される空力規則に集中できると説明している。

 来季F1にはより幅広いボディワークとタイヤが導入され、それによってコーナリングスピードが上がり、全体的なラップタイム削減につながるものと予想されている。

 2017年の空力およびエンジンレギュレーションに関して合意するのが遅れる一方で、ザウバーは今年早い段階でフェラーリの2016年型パワーユニットを来年も使い続けることを決めたという。

「一番大きな理由は、シャシー開発に集中することを可能にしたかったことです」とカルテンボーン。

「規則が100パーセント確定していない段階で決断を下しました」
「今年の序盤にそういう方向性を決めました。(来年の規則が)遅い段階で変更されても、それに対応し、シャシー開発に集中できるようにしたかったのです」

 フェラーリの1年落ちのパワーユニットを積むトロロッソは、非常に優れたシャシーを持ちながら、パワーユニットのシーズン中の開発がなされないため、次第に苦戦し始めている。

 シーズン中のエンジン開発の制限がなくなる来年、不利を被るという懸念はないのかと聞かれたカルテンボーンは、「心配はしていません。これはチャレンジです」と答えた。

「すでに来年の開発プランを定めています。目標とする位置に到達するためのアップデートの計画も立てており、それがうまくいかない理由は見当たりません」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング