F1 ニュース

投稿日: 2019.12.24 08:10
更新日: 2019.12.23 22:01

レジェンドとメキシコのヒーロー、2019年を面白くした『ミッドゾーン』/今宮純のF1ドライバー採点総括(前編)


F1 | レジェンドとメキシコのヒーロー、2019年を面白くした『ミッドゾーン』/今宮純のF1ドライバー採点総括(前編)

 これを書かないと年を越せない。2019年シーズン、グランプリごとに『ベスト・イレブン』ドライバーを選び、☆数で採点してきた。それを基にF1ジャーナリストの今宮純氏が『2019ファイナル・ランキング』を一挙発表。前編は22位から11位までを紹介。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■22位 ニコラス・ラティフィ/ウイリアムズ(FP1×6戦)

アブダビテストに参加したニコラス・ラティフィ
アブダビテストに参加したニコラス・ラティフィ

■21位 山本尚貴/トロロッソ・ホンダ(FP1×1戦)

2019年F1第17戦日本GPのフリー走行1回目に出走した山本尚貴(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第17戦日本GPのフリー走行1回目に出走した山本尚貴(トロロッソ・ホンダ)

 今年金曜FP1セッションには二人しか起用されなかった(2018年は6チームが6人抜擢)。ラティフィが2020年シーズンへの準備を兼ねウイリアムズで6回出走、ラッセルとのタイム差はあってもコース学習を優先。それとは全く違い、第17戦日本GPで実現したF1初体験チャンスに山本は30周をこなし、クビアト+0.098秒の17番手。これから国内モータースポーツ界“ビルドアップ”の礎になるか。

■20位 ロバート・クビサ/ウイリアムズ(FIAランキング19位)

2019年F1第11戦ドイツGP ウイリアムズのロバート・クビサ
2019年F1第11戦ドイツGP ウイリアムズのロバート・クビサ

 クビサはレース実戦でラッセルをしばしば抑えるプレーをしていた。スタミナのせいか中盤になると若い相手に先行を許したが第11戦ドイツGPで10位入賞、1ポイントを獲得した。第15戦シンガポールGPまで気力の15戦連続完走。

■19位 ロマン・グロージャン/ハース(FIAランキング18位)

2019年F1第10戦イギリスGP ケビン・マグヌッセン、ロマン・グロージャン(ハース)
ハースのマグヌッセン(左)とグロージャン(右)

 グロージャンはただひとりワースト・リタイア率30%。完走14戦で1043周はハミルトン全1262周の“219周遅れ(!)”。開幕戦グリッドではルクレールと並ぶ3列目、はじまりは今年もよかったのだが。

■18位 アントニオ・ジョビナッツィ/アルファロメオ(FIAランキング17位)

2019年F1第17戦日本GP日曜 アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2019年F1第17戦日本GP日曜 アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

 8年ぶりイタリア新人のジョビナッツィはフェラーリから舞い降りたライコネンを意識、脇で小さくなっている印象があった。第4戦アゼルバイジャンGPで予選8番手進出(PUペナルティで17番グリッドダウン)、浮上するきっかけをつかみそこなった。やっとブレイクしたのは母国である第14戦イタリアGPの決勝9位、2020年シーズンの残留が決定した第20戦ブラジルGPで5位に入り、20年への階段を進み出せた。


本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
井澤萌夏(いざわもえか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング