F1 ニュース

投稿日: 2020.01.08 19:22

グランプリのうわさ話:クビサ、ピレリテストで2020年型フェラーリF1をドライブするチャンス


F1 | グランプリのうわさ話:クビサ、ピレリテストで2020年型フェラーリF1をドライブするチャンス

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・

 ロバート・クビサは、アルファロメオ・レーシングとリザーブ兼シミュレータードライバーの複数年契約を結んだことによって、フェラーリのF1マシンを走らせるという長年の夢をついにかなえられそうだ。クビサはこれまでに2度、フェラーリとドライバー契約を交わしているが、そのコクピットに座る機会を得られないまま今日に至っている。

 1度目は2009年の夏だった。当時フェラーリ会長だったルカ・ディ・モンテゼーモロは、負傷したフェリペ・マッサの代役としてヨーロッパとベルギーの2戦に出場したテストドライバーのルカ・バドエルが散々な結果となったことで、いったんはクビサの起用を受け入れたものの、その後考えを変えてフォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラをフェラーリに移籍させた。

 2度目は、さらに有名な2011年春の契約だ。クビサはフェラーリとの間で2012年から2014年までの3年契約を結んだが、その10日後に出場したラリーで生死の境をさまようほどのクラッシュを喫し、その後F1では走れない状態が何年も続くことになった。

 今回フェラーリのジュニアチームであるアルファロメオと契約したクビサは、FP1を数セッションこなし、並行してシミュレーター作業とピレリテストにも臨む予定だ。さらに、ピレリのプライベートテストで少なくとも1回はフェラーリの2020年型F1マシンを走らせることになるだろう。クビサにとっては波乱の人生における1章を締めくくる出来事になるはずだ。

続きはF1速報WEBで掲載中

■アメリカとブラジルGP主催者にプレッシャー
 チェイス・キャリー率いるフォーミュラワン・マネジメント(FOM)によるF1カレンダー拡大に向けた動きは、ついにパナマ共和国にまで及んできた。地元グループが、首都パナマ市の市街地でグランプリレースを実施する計画について、FOMとの交渉を始めたようだ……
■撤退の噂がなくならないルノー
 シリル・アビテブールは、ルノーが今後もしばらくの間F1にとどまると確信しているようだ。一方で、2020年シーズンが終了したらルノーはあっさりとこのスポーツから撤退するだろうとみている識者は多い……


本日のレースクイーン

R'Qs Racing GIRLs
桐生もえこ(きりゅうもえこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング