F1 ニュース

投稿日: 2020.01.26 07:30
更新日: 2020.01.25 14:31

ノリス、サインツJr.との友好的な関係がマクラーレンF1の長期的な目標達成に有益だと主張


F1 | ノリス、サインツJr.との友好的な関係がマクラーレンF1の長期的な目標達成に有益だと主張

 マクラーレンF1チームのランド・ノリスは、チームメイトのカルロス・サインツJr.との調和のとれた関係が、チームにとって前進するための有益な道を切り拓いていると語っている。

 昨年はルーキーだったノリスは、F1で5シーズン目を迎えるサインツJr.をチームメイトに持ち、F1について学び始めていた。

 だが20歳のノリスとサインツJr.の仕事上の関係は、友好的でバランスのとれた親密な関係へと急速に発展し、それは彼ら双方にとって有益であるだけでなく、マクラーレンにとっても良い影響があることが証明されている。

「チームメイトだから常に敵対し合っているとか、常に互いに競い合う純粋なライバルだとか、誰もがいつもそういった見方をする」とノリスは最近開催されたオートスポーツ・インターナショナル・ショーで語った。

「僕たちはふたりとも、達成したいことを長期的に見据えているのだと言っておきたい。それはレースで優勝し、タイトルを獲得すること。最高のやり方は、ともに取り組むことなんだ」

「昨年僕たちがやったように、一緒に取り組むということをしていなかったら、チームとして4位でフィニッシュすることはできなかっただろう」

 友好的になることはできるだろうが、F1で友人でいることは難しいと人々は言う。だがノリスとサインツJr.はグランプリの週末だけでなく、ときにはコース外でも友人関係を楽しんでいる。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ADVICS muta Racing fairies
藤井マリー(ふじいまりー)

F1 Photo Ranking

フォトランキング