F1 ニュース

投稿日: 2020.02.25 05:36
更新日: 2020.02.25 05:37

【津川哲夫のF1新車初見チェック】キラリと光るアルファロメオC39の個性的開発コンセプトとエアロ。混沌とする中団勢力図


F1 | 【津川哲夫のF1新車初見チェック】キラリと光るアルファロメオC39の個性的開発コンセプトとエアロ。混沌とする中団勢力図

 アルファロメオC39の開発の基本コンセプトは昨年のC38の踏襲型ながら、その進化度はかなり大きい。

 これはモノコックから始まっている。昨年のC38までは真ん中に支柱があるモノポスト型のロールフープをインテークダクトが囲む形であったが、C39ではトライアングルの通常フープへ変更され、インダクションポッドの周りを囲むインテークは後方エンジンカバーの先端部に大きく開口している形になった。

2020年型アルファロメオF1『C39』
2020年型アルファロメオF1『C39』

 さらにC39はダクティング(配管)の変更でボディワークのタイト化を計っている。これがエアロ・アップグレードの出発点だ。ここからエンジンカバー、特に昨年は使われなかったドーサルフィンが登場、これは規則上、致し方ない。

 その結果としてサイドポッドがタイト化され、独特のダース・ベイダー型ノーズもノーズ先端中心部のボリュームを上げることになった。また、ノーズの若干のナロー化と先端部左右の小型化も行われ、この下面にはイカヒレフィンがあしらわれている。

 今シーズンの新車を見るとエアロへの要求はどのチーム似ていて、対処方法もその方向性が整ってきた。C39はリヤサスペンションとギヤボックスはフェラーリからの供給で、ハース同様、フェラーリの20年型が搭載されている。

 フェラーリPU(パワーユニット)は昨年からかなりハイパワー化していて、このPUとのマッチングをミスらなければC39はそれなりに強力なミッドフィールドコンテンダーとなる。

 ミッディフィールダーは今や群雄ひしめく戦場の状況だ。アルファロメオ(フェラーリ)の強いバックを得て、独自の開発をこなすザウバー・アルファ。F1マシン造りでは数少ない個性派プライベーターを貫き、その個性がC39を送り出している。

2020年第1回F1プレシーズンテスト2日目:キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2020年第1回F1プレシーズンテスト2日目:キミ・ライコネン(アルファロメオ)


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ADVICS muta Racing fairies
藤井マリー(ふじいまりー)

F1 Photo Ranking

フォトランキング