F1 ニュース

投稿日: 2020.05.22 15:02
更新日: 2020.05.22 15:40

リカルド、2016年F1モナコGPを振り返り「あの記憶が僕を2年間悩ませた」と明かす


F1 | リカルド、2016年F1モナコGPを振り返り「あの記憶が僕を2年間悩ませた」と明かす

 ルノーのダニエル・リカルドは、2016年のF1モナコGPについて振り返り、ピットストップ時のミスが原因で優勝を逃した当時の怒りが、2年後の2018年に同じモナコで優勝したことによってようやく完全に消えたと語った。

 2016年、当時レッドブル・レーシングのドライバーだったリカルドは、第6戦モナコGPの決勝レースをポールポジションからスタートして、序盤で圧倒的なリードを保ちながら、そのままライバルたちから優勝をもぎ取る勢いでレースを運んでいた。

 しかし、適正なタイミングで指示を受けてピットインしたところ、予定されていた交換用のタイヤをピットクルーが準備していないというミスが発生し、リカルドは手中にあったはずの勝利をメルセデスのルイス・ハミルトンにさらわれた。

 2位に入賞したものの、リカルドは激怒し、その日の表彰台では落胆した表情を隠そうとしなかった。特徴的な笑顔の代わりに絶望感を漂わせていたリカルドの怒りはその後も長く残り、2018年のレースでようやく消え去ったのだという。

「ウソをつくつもりはないよ。2016年のモナコGPの記憶が、その後2年間僕を悩ませてきたんだ」と、リカルドは自身の公式SNSに投稿した最新の『Dan’s Diary』に書いた。

「2018年のレースでは、ミスを犯さずに走っていても勝利が自分の手からこぼれ落ちてしまうんじゃないかと思っていた」

「モナコの場合、ポールポジションからスタートして最初のコーナーまでリードを保てれば、後は負けるにしても自分の責任だ。レース展開は自分でコントロールできる」

「だけど2018年は、2016年のことが頭にあったから普段とは違う緊張感があった。でも優勝を逃さずに済んで、安堵したというのが一番の気持ちだった」

「あの日曜日はとにかく疲れ果てた。だからうれしい気持ちが湧いてきたのは、それから何日かたってからだった。あのときほどほっとしたことはなかったよ」

ダニエル・リカルド(レッドブル)
2018年F1第6戦モナコGP ダニエル・リカルド(レッドブル)

■「レースを完走できなくてもいいと思った」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

apr Victoria
アンジュ(あんじゅ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング