F1 ニュース

投稿日: 2020.05.23 07:47
更新日: 2020.05.23 07:48

政府の隔離措置でイギリスGP開催が困難に。F1は免除を求め交渉を継続


F1 | 政府の隔離措置でイギリスGP開催が困難に。F1は免除を求め交渉を継続

 イギリスが入国者に対して14日間の自己隔離を義務づけるうえで、免除の対象となるリストを発表したが、そこにF1関係者は含まれていなかった。それによりイギリスGPの開催について懸念がさらに高まっている。

 5月22日、イギリス政府は、新型コロナウイルス感染症の流行を抑えるための対策として、6月8日から入国者に14日間の自己隔離を義務付けるプランを発表した。一部は隔離免除とするものの、最初に発表されたリストには、F1を含むスポーツ関係者は含まれていなかったという。

 F1のスポークスパーソンは以前、「14日間の隔離措置が導入されれば、今年イギリスGPを開催することは不可能になる」として懸念を示していた。

2019年F1イギリスGPでのルクレール
2019年F1イギリスGPでのルクレール

 F1は前半10戦を延期あるいは中止とし、現在新カレンダーの作成にあたっている。7月5日と12日のオーストリアでシーズンをスタートし、その後、シルバーストンでのイギリスGPを7月26日と8月2日に開催し、序盤は無観客で実施するプランだが、イギリスへの入国者に14日間の自己隔離が義務付けられると、この流れでシーズンを進めていくことは難しくなる。

 そのため、F1は政府側と交渉を行ってきたものの、現時点で、特別措置の適用が認められていないことが明らかになった。ただし政府は主要スポーツに関する対応について、今後も検討を続けている見通しであり、F1は希望を捨てていない。

「F1およびシルバーストンとこの方針の関係について、政府と緊密に取り組んでいます。安全を最優先としながら解決法を見いだすため、今も協議を進めています」とF1のスポークスパーソンはコメントしている。

 F1は、オーストリアで関係者全員に2日に一度、COVID-19の検査を行い、F1関係者のみのチャーター機で移動するプランを立てている。

 シルバーストンのマネージングディレクター、スチュアート・プリングルは、政府はF1の重要性を理解しており、開催を可能にするようサポートするはずであるとの考えを示した。
「この業界の重要性を政府は理解していることは明白だ。彼らは解決法を見つけるだろう。私は今もそう前向きに考えている」とプリングルは『Sky Sports』に対してコメントした。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

apr Victoria
アンジュ(あんじゅ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング