レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2020.06.22 08:55
更新日: 2020.06.22 09:07

重傷のザナルディ、容体は依然として「安定も深刻」医師は合併症も懸念

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | 重傷のザナルディ、容体は依然として「安定も深刻」医師は合併症も懸念

 元F1ドライバーで2度のCARTチャンピオン、パラリンピック金メダリストであるアレックス・ザナルディは、事故で重傷を負った後、安定してはいるものの、依然として深刻な状態であり、合併症の懸念もあると医師が語った。

 6月19日、ザナルディはイタリアでのハンドサイクルのイベント中に、下り坂で対向車線にはみ出し、トラックと衝突したといわれている。ザナルディは頭部と顔面に重度な外傷を負い、ヘリコプターで病院に搬送され、約3時間の手術の後、集中治療室に移された。

 その後、サンタマリア・レ・スコッテ病院は、ザナルディは安定した状態ではあるものの、依然として容態は深刻であるという発表を行っている。ザナルディは人工的な昏睡状態におかれ、人工呼吸が行われているという。

 21日の発表でも、心肺および代謝においては安定した状態だが、神経学的な状況は深刻であることが明らかにされた。

「現在の全体的な安定状態によって、有害事象(医薬品や医療機器等が使用された患者に生じる好ましくない兆候)の可能性を除外することはできない」と病院がコメントしたと、ロイターは伝えている。

 主治医である脳神経外科責任者ジョゼッペ・オリビエリ博士は、20日、「数値は良好であるが、依然として非常に深刻な状態である」とコメントしたとAP通信社が伝えた。

「彼が目覚めるまでは、神経学的状態について確認することはできない。深刻な状態というのは命の危険がある状態を指す。そういう場合、改善には時間がかかる。突然悪化することもあり得る」

 ザナルディは、CARTでの大事故で両足を切断する重傷を負いながら、その後、レースに復帰、ハンドサイクルにも挑戦し4個の金メダルを獲得した。多くの人たちから尊敬され、愛されている存在で、モータースポーツ関係者、ファンらがハッシュタグ『#ForzaAlex』を使って、応援メッセージを発信する動きが広がっている。


関連のニュース