F1 ニュース

2016.11.10

【正式】ルノーF1、パーマーの2017年残留を発表。注目集まる“残り1席”


F1 | 【正式】ルノーF1、パーマーの2017年残留を発表。注目集まる“残り1席”

 ルノー・スポールF1チームは9日、ジョリオン・パーマーの2017年残留を正式に発表した。パーマーは新加入するニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトを務めることになり、ケビン・マグヌッセンは今季末でチームを離脱する。

 2014年のGP2チャンピオンであるパーマーは、2015年にルノーF1の前身ロータスチームでサードドライバーを務めた後、今年レースドライバーに昇格、F1デビューを果たした。

 ルノーは10月にヒュルケンベルグとの複数年契約を発表、チームメイト候補としてパーマー、マグヌッセン、エステバン・オコンなどを検討してきたが、パーマーが契約延長を勝ち取った。

 ルノー・スポール・レーシング会長ジェローム・ストールは、ルーキーであるパーマーは今シーズンを通して成長を見せたとして2017年残留の理由を語ると共に、離脱するマグヌッセンへの感謝の言葉を述べた。

「ジョリオンはチームの進歩と共に自分も成長したいという強い気持ちを示してきた。シーズンが進行するにつれてコース上のパフォーマンスが強力さを増し、強い印象を受けた」とストール。

「ジョリオンとニコ・ヒュルケンベルグのペアは我々が目標を達成するための原動力になると期待される。ふたりのラインアップによって継続性と新しい人材、両方の利点を活用できる。ニコをチームメイトに持つことはジョリオンがさらに優れた結果を出すための助けになるだろう」

「ケビン・マグヌッセンの2016年の努力に関して感謝する。彼は今年我々のために素晴らしい仕事をしてくれた。2017年以降の彼の活躍を祈る」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング