F1 ニュース

投稿日: 2020.12.04 08:10
更新日: 2020.12.03 21:23

【気になる一言】ミック・シューマッハーのカーナンバー47は「家族の誕生日を足した数」


F1 | 【気になる一言】ミック・シューマッハーのカーナンバー47は「家族の誕生日を足した数」

 12月2日に、7度のワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハーの息子ミックと、2021年からの複数年契約を結んだことを発表したハースF1チームが同日、リモートでシューマッハーの記者会見を行った。

 会見でシューマッハーは、「僕を信頼してくれたハースF1チーム、スクーデリア・フェラーリ、そしてフェラーリ・ドライバー・アカデミーに感謝したい」と、まずレース関係者たちに謝意を述べた後、家族へ感謝の言葉を続けた。

「もちろん、ここまで支えてくれた両親にも感謝したい。3歳のころから見てきたF1ドライバーになるという夢を実現できたのは、両親をはじめとする家族の愛があったからだ。素晴らしいドライバーたちとF1の20人の中に入ることができて光栄だ」

 そのことは、シューマッハーが選択したカーナンバーの数字に表れている。シューマッハーによれば、前日(12月1日)に2021年のカーナンバーを「47」にすることを決めたという。その理由はこうだ。

「4と7はもともと、僕が本当に好きな数字なんだ。4はF3で使用して王者になった番号で、7つは僕たち家族にとって特別な数字だ(父親のミハエルのタイトル獲得回数)。そして、僕たち家族の誕生日を合わせると47になるんだ」

 ミハエル・シューマッハーの誕生日は1月3日で、母親のコリーナの誕生日は3月2日、そして長女ジーナ・マリアは2月20日生まれで、ミックは3月22日生まれ、これらの日付を足し算すると47になる。

 なお、バーレーンGPで大クラッシュし、今週末のサクヒールGPを欠場するロマン・グロージャンが、最終戦のアブダビGPも欠場することになったら、出場する準備は整っているかという質問にはこう回答した。

「もしそうなれば、自分としては準備ができていると思っている。フリー走行は3回あるので、F1を学ぶための時間はある。もちろん、チャレンジングだけど、来年に向けて良い準備にもなるから、しっかりと自分の役割を果たしたい」

 なお、この後に行われたギュンター・シュタイナー代表の会見で、シュタイナーは「われわれは彼のコンディションを最優先している。彼がレースすることを望み、われわれとの時間を終えることをみんなが望んでいる。彼が最終戦に出場できないことが判明するまでは何も決定するつもりはない」と語っている。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Win G
北川美麗(きたがわみれい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング