F1 ニュース

投稿日: 2020.12.22 13:11
更新日: 2020.12.22 13:07

角田裕毅インタビュー(後編):F1デビューする2021年の抱負と故アントワーヌ・ユベールへの思い


F1 | 角田裕毅インタビュー(後編):F1デビューする2021年の抱負と故アントワーヌ・ユベールへの思い

 2020年の角田裕毅はFIA-F2選手権での最優秀ルーキー、年間最優秀ドライバー賞に加え、F1も含めたあらゆるカテゴリーから選ばれるFIA最優秀新人賞も受賞した。最優秀ルーキー賞の名前にもなっている故アントワーヌ・ユベールの存在が、「欧州での初勝利を呼び込み、自分のドライビングに磨きをかけてくれた」という。

 ロングインタビュー後編では、2021年シーズンに向けての抱負、自身のバックグラウンド、目標とするドライバー、趣味やオフの過ごし方など、リラックスした雰囲気の中で多彩な話題を語った。
────────────

──2021年の目標は?
角田:
ルーキーらしく、少なくともシーズン中盤頃までは自分のドライビングスタイルを貫いて、ミスをしてもいいから限界値を探りながらF1マシンへの理解を深めていきたいです。チームメイトも手強いし、簡単には任せてもらえないと思うので、彼からも多くのことを吸収したいですね。今の自分のドライビングがどこまで通用するのか、何が足りないのか、そこを明確にしていって、中盤、終盤では増やした引き出しで結果を出して行ければと思っています。具体的には、もちろん優勝や表彰台も狙いたいですけど、できるだけ多くのポイントをチームのために取れたらと思います。

──そもそもF1を志したきっかけは?
角田:
カートレースを始めたのが4歳、4輪は16歳から走っていますが、F1を意識したのはF3を戦い始めた去年からですね。それまでは次のステップに進むことしか考えていなくて、F1は遠い世界過ぎました。

──レッドブル育成ドライバーに選ばれた経緯、具体的にどんなサポートを受けたのか教えてください。
角田:
選ばれた経緯は、全日本F4を戦っていた2年目の7月頃に、ホンダからヨーロッパでのF3テストの機会をいただいたのがきっかけです。ただその時はまだレッドブルとは、翌年F3に上げようとか、そんな話はなかったと思います。ハンガロリンクでの3日間のテストには、たまたまレッドブルジュニアのドライバーたちがほぼ全員来ていました。

 そこで一緒に走って、全員を凌ぐタイムを出せた。中でもF3選手権首位だったダン・ティクタムとは、僅差でトップを奪い合う速さを見せられた。自分としても、すごく楽しいテストでした。そのレポートをマルコ博士が読んで、ホンダに僕のことを訊いてきたようです。そこからレッドブルプログラムに入れてもらったのが、始まりでした。

 レッドブルからは金銭面のサポートはもちろんありましたけど、結果を出して応えないと、すぐに脱落してしまう。逆に結果を出せば、F1テストとか、どんどん引き立ててもらえる。とても厳しい世界でした。フェラーリやルノーの育成は金銭面のサポートはほとんどないと聞いてるし、F1までは自分で頑張ってねという感じらしいので、そこはずいぶん違うなと思いました。しっかり結果を出せば、最大限のサポートをしてくれるという意味で、レッドブルドライバーで良かったなと思っています。

──目標とするドライバーは?
角田:
特にいないんですが、いっしょに戦ってみたいのはルイス・ハミルトン、マックス・フェルスタッペン、フェルナンド・アロンソですね。特にハミルトンやアロンソは、僕が7、8歳の時に富士スピードウェイでF1を見て、そんなドライバーといっしょに戦えるのは、嬉しいしかないです。

■次のページへ:レースを戦えるようトレーニングに励む角田裕毅


関連のニュース

本日のレースクイーン

TWSプリンセス
涼野はるか(すずのはるか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング