F1 ニュース

投稿日: 2016.11.16 07:22
更新日: 2016.11.16 07:33

【正式発表】マクラーレンの顔、ロン・デニスが解任。「誤った決断」とデニスが怒りの声明


F1 | 【正式発表】マクラーレンの顔、ロン・デニスが解任。「誤った決断」とデニスが怒りの声明

 ロン・デニスが15日付けでマクラーレン・テクノロジー・グループの会長およびCEOの座から降りることが正式に発表された。

 1980年からマクラーレンに関与してきたデニスが、現在の契約期間終了を待たずにグループの会長およびCEOのポジションから追われる見込みであることはブラジルGPの週末から広く伝えられていた。

 デニスは来年1月までの現職の契約を更新しない旨、役員会から通達された後、中国のコンソーシアムの協力の下、最後の手段として自身が支配株主になるべく株式買収を行おうとした。デニスはマクラーレン・グループの株式25パーセントを所有、バーレーンのマムタラカト社が50パーセント、マンスール・オジェが25パーセントをそれぞれ所有している。しかしデニスのこの動きに対抗し、マムタラカト社とオジェは契約終了前に彼を現職から外すことを決めた。

 デニスは自分の契約が切れるまでの間“ガーデニング休暇”を取らされることに関して禁止命令を出すよう高等法院に求めたが、裁判所はこの手続きを却下していた。

 15日の発表で、デニスはグループの会長およびCEOのポジションからこの日付けで退くこと、マクラーレン・テクノロジー・グループおよびマクラーレン・オートモーティブの役員および株主の座は維持することが明らかにされた。

 デニスは声明の中で、「本日、マクラーレン・テクノロジー・グループの会長およびCEOの職を手放すよう要求された。主要株主がガーデニング休暇を取らせるという決定を下した」と述べている。また、2017年には新たなテクノロジー投資ファンドを立ち上げることも明らかにした。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング