F1 ニュース

投稿日: 2021.02.24 17:38
更新日: 2021.02.24 17:39

フェラーリPUのパフォーマンス向上に期待。アルファロメオF1代表「問題の大部分は解決するはず」


F1 | フェラーリPUのパフォーマンス向上に期待。アルファロメオF1代表「問題の大部分は解決するはず」

 2021年のフェラーリのパワーユニット(PU)は、昨年のものよりもはるかにパワーを備えている。これはフェラーリ上層部と、カスタマーチームのアルファロメオやハースにとって良いニュースだ。

 昨年この3チームはすべて、レースにおいて競争力を発揮することに苦戦していた。この状況は2019年とはまったく対照的だった。2019年、フェラーリのドライバーであるシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルは、合計で3回の優勝と15回の表彰台フィニッシュを飾った。翻って2020年は優勝はなく、表彰台フィニッシュが3回あっただけだった。

2020年F1第14戦トルコGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が3位表彰台を獲得
2020年F1第14戦トルコGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が3位表彰台を獲得

 問題だったのは、FIAが2019年末にパワーユニットレギュレーションを明確化したことだ。そのためフェラーリは2020年仕様のエンジンを大幅に変更せざるを得なかった。その結果として、非力なパワーユニットとなった。

 しかしオフシーズン中のフェラーリの懸命な作業によって、2021年には3チームすべてにはるかに優れたパワーユニットがもたらされることになる。フェラーリはダイナモでのパワーユニットテストから得られた有望なデータを報告した。

「フェラーリとの協業は非常に順調に進んでいると思う」とアルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは語った。

「非常に実のあるミーティングを行った。冬の間に長いミーティングを行い、昨年完璧な仕事ができていなかった点を網羅した」

「我々は良い方向へ進んでいる。彼らの側では、昨年の問題の大部分を解決するだろう。協業関係はますます良くなっている」

 しかし、アルファロメオとフェラーリとの協業は、フェラーリからできるだけ多くの部品やコンポーネントを購入しているハースと同じではなく、異なるものだ。

「彼らのマシンからそれほど多くのものを取り入れることはない。おそらくひとつかふたつの要素で、それ以上ではない」

「だがそれはコラボレーションの重要なポイントではないと考えている。コラボレーションの重要なポイントは、お互いから学ぶことができると確信することだ。レギュレーションの範囲内で、我々は試していかねばならないし、できるかぎり最高の仕事を行う必要がある」

アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』
アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
宮越愛恵(みやこしまなえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング