F1 ニュース

2016.12.03

ロズベルグF1電撃引退余波。後任は「自由に開かれている。急がない」とチーム代表


F1 | ロズベルグF1電撃引退余波。後任は「自由に開かれている。急がない」とチーム代表

 メルセデスF1のチーム代表トト・ウォルフは、引退することになった新ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグの代わりにシートに座る2017年のドライバーについて 「必要な時間を取る」とのコメントを残した。

 ロズベルグは、彼自身初めてとなるタイトルを獲得した5日後の金曜日に突如、F1からの引退を発表した。

 31歳のニコは今年の7月にはメルセデスと新しい2年契約を結び、2018年末までメルセデスF1のドライバーとして活躍を見せるはずだった。

 メルセデスのジュニアチームから今季F1に昇格したばかりのパスカル・ウェーレインは、マノーでF1初のシーズンを終えたばかりだが、ニコに代わってメルセデスF1のシートに収まる有力候補のひとりだ。だが、ウォルフはルイス・ハミルトンのパートナー探しについては、急いで決断するつもりはないようだ。

「チームにとってこれは予想外の状況だが、エキサイティングなものでもある」とウォルフ。

「我々はF1のテクニカル・レギュレーションが変わる新時代に入っており、来季に向けてメルセデスのコクピットはどのドライバーにも自由に開かれている」

「この選択できる権利を吟味して、正しい未来に向けて必要なだけ時間を取るつもりだ」

 ロズベルグは、F1キャリアの最初の4シーズンをウイリアムズで過ごした後、2010年にワークスチームとなったメルセデスに移籍した。2013年以来、ミハエル・シューマッハー、ハミルトンをチームメイトに迎え、ロズベルグは23のグランプリで勝利を挙げ、30のポールポジションを獲得した。

「メルセデスでのニコは、極めて高いパフォーマンスを備えたチームメイトを相手にタフな時代を過ごしてきた。彼はそんな激しいプレッシャーを受けながら、ファイティングスピリッツと優雅さを失わず、粘り強くこの世界の尊敬を集めてきた」と話すウォルフ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ ADVICS muta Racing fairies
斎藤みどり(さいとうみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング