F1 ニュース

投稿日: 2021.06.08 07:40
更新日: 2021.06.08 12:48

ラッセル「ギヤボックスのトラブルでリタイア。終盤に向けて考えがあっただけにがっかり」:ウイリアムズ F1第6戦決勝


F1 | ラッセル「ギヤボックスのトラブルでリタイア。終盤に向けて考えがあっただけにがっかり」:ウイリアムズ F1第6戦決勝

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのニコラス・ラティフィは16位、ジョージ・ラッセルはリタイア(17位完走扱い)でレースを終えた。

■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=16位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 僕にとっては、概して孤独なレースだった。赤旗中断までは1ストップ戦略で行こうとしていて、そのために必要なタイヤマネージメントをしながら走っていた。だが、最終的に結果に結びつかなくて残念だ。この週末はずっと、本当にいい感じでドライブできていたんだけどね。

 オペレーション面で、もっと明瞭でなければならない部分があり(注:赤旗時にピットから「ステイアウト!」という間違った指示が送られた)、その点でも運がなかったと思う。

■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=17位(DNF)

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP リスタート前にピットロードへ戻り、マシンを降りたジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 残念ながら、ギヤボックスにトラブルが起きて、レースの再スタート前にリタイアせざるをえなかった。グリッドに並ぼうとしていたところで、まったくパワーが伝わらなくなったんだ。最後の2周に向けて、いろいろと予想を立てて考えていただけに、本当にがっかりしたよ。あんなふうにレースを終えたくはなかったけど、モーターレーシングでは時として起こりうることだ。クルマを持ち帰って、何が壊れたのかしっかり分析したい。

 それまではいいレースをしていた。クルマは速かったし、完全に信頼して乗れていたんだ。この週末、いくつかのポジティブな収穫があったのは間違いない。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

日立Astemoレースクイーン・アンバサダー
英美里(えみり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング