F1 ニュース

投稿日: 2016.12.03 15:50
更新日: 2016.12.03 15:53

燃え尽きたロズベルグ「F1タイトルのためにすべてを捧げる生活はもうできない」


F1 | 燃え尽きたロズベルグ「F1タイトルのためにすべてを捧げる生活はもうできない」

 F1チャンピオンのニコ・ロズベルグは、F1から引退するという決断を下したのは、今年のようにすべてを捧げてもう一度タイトル争いに挑みたいという気持ちがなくなったからであると明かした。

 2日にウイーンで開催されたFIA表彰式を前に、ロズベルグはF1キャリアを終えることを発表した。引退を考え始めたのは日本GP後のことだったという。

「今年はとてつもなくきつかった。100パーセント完全にレースに捧げた」とロズベルグ。

「去年のオースティンでタイトルを逃した後、とても苦しんだ。だからそれ以来、やれることはすべてやってきた」

「あらゆる面において死に物狂いで努力した。周囲の人たちすべてを巻き込み、その中には家族も含まれていた。多くの犠牲を払った」

「たとえば妻は、僕が家にいるときは休養する必要があるということを理解してくれていた。僕は夜も何もせず、幼い娘の世話もしなかった。大変なことは一切何もしてこなかった」

「彼女はいつもそばにいて、僕ができるだけ楽になるようサポートしてくれた。それは周りの人たちがしてくれたことの一例だ」

「僕は子供のころからの夢を達成した。今年と同じくまた一年すべてを捧げたいという気持ちはない。4位あたりになることにも興味はない」

「僕はファイターだから勝ちたいんだ。でもまた同じことをやりたいとは思わない。もう同じことはやりたくないんだ」

「だから自分の心に従うことにした。ここで立ち止まり、終わりにして、他の方向に進むべきだと、僕の心は告げていた」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング