F1 ニュース

投稿日: 2021.07.12 08:58
更新日: 2021.07.12 09:07

2022年型フェラーリF1をシミュレーターで試したルクレール「今季型とは全く違う」


F1 | 2022年型フェラーリF1をシミュレーターで試したルクレール「今季型とは全く違う」

 スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、シミュレーター上で2022年型F1マシンをすでに試していると明かし、現在のSF21とは「まったく異なるもの」だと感じたと語った。

 2022年にはマシンにグラウンドエフェクトの空力コンセプトが利用され、18インチホイールが採用されるなど、F1技術レギュレーションに大きな変更が導入されるため、各チームは新世代のF1カーの設計にリソースをシフトさせ、集中的に取り組んでいる。

 エンジニアたちはすでに何カ月も開発作業に取り組んできているが、シミュレーター上で来年のマシンを走らせた感想を述べたドライバーは、ルクレールが初めてだ。

 ルクレールは、自身とチームメイトのカルロス・サインツJr.のふたりとも将来のマシンを試したことを認めたが、開発は「まだごく初期の段階」にあるという。

2021年F1第7戦フランスGP シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第7戦フランスGP シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.(フェラーリ)

「感触が全く違う」とルクレールは語った。
「どのチームに関しても、開発がうまくいっているのかどうかは分からないと思う。繰り返しになるが、これは今までとは全く違うプロジェクトで、ごく初期の段階だ。だから、自分たちが他のチームと比べてどの位置にいるのか、誰も分かっていない」
「今努力しているとしか言いようがない」
2022年に導入される予定のF1マシンのイメージ
2022年に導入される予定のF1マシンのイメージ

 ルクレールは、サインツとともにプログラムに貢献するために最善を尽くしていると語った。

「難しいよ。今は数字と予測だけだからね。でも、シミュレーターなどにおいてフィードバックを提供できるのは間違いない」

「とても性能の良いシミュレーターがフェラーリにあるので僕たちは幸運だ。シミュレーターで様々なことを試すことができるし、そこではドライバーの意見が本当に重要なんだ」
「他のことについては、実際に何か話をするには今はまだ早すぎる」

マラネロにあるスクーデリア・フェラーリのファクトリー
マラネロにあるスクーデリア・フェラーリのファクトリー

「カルロスと一緒に最善の方法で作業をして、今年のマシンの弱点が何かを説明し、なぜそのような弱点があるのか理解し、そうした過ちを来年のマシンで再現しないようにする。たとえプロジェクトがまったく異なるものであってもね。僕たちにできるのはそれだけだ」

「シミュレーターにおいて、かなり多くのインプットをしている。それが大きな貢献になっていると思う。今年型に関するフィードバックによっても、チームが正しい方向に向かって作業できるように、速くなるために何が必要なのかを正確に知ることができるように、手助けができる」


関連のニュース

本日のレースクイーン

STANLEYレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング