レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2021.12.05 13:37
更新日: 2021.12.11 12:41

【角田裕毅F1第21戦密着】白熱のチームメイトバトルを展開。渋滞で自己ベスト更新は叶わずも「今季最高の予選だった」

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | 【角田裕毅F1第21戦密着】白熱のチームメイトバトルを展開。渋滞で自己ベスト更新は叶わずも「今季最高の予選だった」

 手に汗握る予選だった。それは、角田裕毅とピエール・ガスリーのアルファタウリ・ホンダ内のチームメイトバトルだ。

 第20戦カタールGPまでの予選での勝敗は、ガスリーの全勝だった。それがサウジアラビアGPでは、両者が肉薄。予選前のフリー走行3回目では、角田が1分28秒641と、1分28秒715のガスリーを上回っていた。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 予選はQ1から白熱した。1セット目のソフトタイヤでガスリーが1分28秒892を出すと、角田はそれを上回る1分28秒877をマーク。ピットインして2セット目のソフトタイヤに履き替えたアタックでは1回目のアタックで角田が1分28秒737と、1分28秒795のガスリーを上回るが、同じタイヤでの2回目のアタックでは今度はガスリーが角田の1分28秒503を抑えて1分28秒401をマークし、Q1はガスリーに軍配が上がった。

 Q2に入ると、アルファタウリはふたりともミディアムタイヤを選択。さらにアルファタウリは1セットのタイヤで3回アタックする作戦をとった。1回目は1分28秒956を出した角田に対して、ガスリーはわずかにミスして1分29秒014に終わる。しかし、燃料を多く搭載した1回目のアタックは事実上の練習で、大切なのは燃料が軽くなる2回目と3回目だ。その2回目でガスリーが1分28秒318の自己ベストをマークすると、角田も負けじと1分28秒222を叩き出し、ふたりそろってレッドブル・ホンダとメルセデスに次ぐポジションにつける。3回目は角田がわずかにミスをしたのに対して、ガスリーはさらに自己ベストを更新して1分28秒314をマークしたが、角田のタイムには及ばず、Q2は角田に軍配が上がった。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 しかし、タイヤをソフトに履き替えた最後のQ3は、1セット目のアタックでガスリーが1分28秒125を出して、1分28秒442に終わった角田をリード。角田は逆転狙って最後のアタックに出るが、セクター1でセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)に引っかかって、Q2で記録した自己ベストを更新できずに、8番手に終わった。

 予選後、ミックスゾーンにやってきた角田は、「今シーズン最高の予選だった」と評価しながらも、それだけに渋滞に引っかかって、満足のいく結果を出せなかったことを残念がった。

【角田裕毅F1第20戦密着】
サウジアラビアGPの予選後、角田は「今シーズン最高の予選だった」と振り返った

「ターン4からずっとダーティエア(前車が巻き上げる乱気流)に入っていた。それがなければ、いい戦いができたと思います。(渋滞で失ったタイムは)わからないですけど、コンマ3秒程度ですかね」

 Q3の最後のアタックでガスリーが記録したタイムが1分28秒125。角田のタイムは1分28秒442。ふたりの差は約コンマ3秒だった。

 予選での打倒ガスリーは、最終戦アブダビGPに持ち越された。

【角田裕毅F1第20戦密着】
予選後、サウジアラビアGPを訪れているアルファタウリのスポンサーから素晴らしいアタックだったと賞賛され、笑顔で応える角田


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム