F1ニュース

2017.01.21

メルセデスF1、ウェーレインとオコンに続く3人目の育成ドライバーと契約


 メルセデスF1チームは、パスカル・ウェーレインとエステバン・オコンに加え、2016年のヨーロピアンF3選手権でランキング3位を獲得したジョージ・ラッセルをジュニアプログラムのメンバーに起用したことを発表した。

 イギリス出身、18歳のラッセルは昨年のヨーロピアンF3選手権で2度の優勝、3度のポールポジションを獲得した。2014年にはマクラーレン・オートスポーツBRDCアワードを受賞している。

 ラッセルは、今年、メルセデスでの役割を果たす一方で、GP3にチャンピオンチームのARTグランプリから初参戦する。

 同じジュニアプログラムのメンバーであるオコンや、今年メルセデスのレースドライバーとなったバルテリ・ボッタスもF1に昇格する前にGP3に参戦し、ともにタイトルを獲得している。

ジョージ・ラッセル 2016年ユーロF3選手権シリーズ3位
ジョージ・ラッセル 2016年ユーロF3選手権シリーズ3位

「ジョージはジュニアカテゴリーで印象的なパフォーマンスを見せてきた。我々は以前から彼に注目してきた」とメルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは語った。

「まだキャリアの初期段階だが、彼には非常に高いポテンシャルを感じている」

「ジョージは次なるステップとしてGP3に挑戦する。将来に向けて資質を試される、いい機会になるだろう」

「エステバンによって、このシリーズがトレーニングという面でどれだけ効果的かを見てきた。言うまでもなく、バルテリをF1へと導いた選手権でもあるので、ジョージの成長を大きな関心を持ちながら見守るつもりだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
藤澤友千菜(ふじさわゆちな)

Photo Ranking

フォトランキング