F1 ニュース

投稿日: 2017.02.24 21:57
更新日: 2017.02.24 22:08

ホンダF1長谷川総責任者「構造を一新し、パワー向上を実現しました」:マクラーレン・ホンダ発表会


F1 | ホンダF1長谷川総責任者「構造を一新し、パワー向上を実現しました」:マクラーレン・ホンダ発表会

 マクラーレン・ホンダF1が24日、2017年シーズンに投入する新車『MCL32』を発表。オレンジ&ブラックのカラーリングに一新されたシャシーに搭載されるパワーユニットも大幅な変更が加えられているという。その変更点と、F1復帰3年目を迎える17年への意気込みを、ホンダF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏がコメントした。

■より軽く、低重心に。パワーユニットのコンセプトを大変更したホンダ

 ホンダは17年シーズンに向け、パワーユニットの構造を一新。パワーアップし、なおかつ軽量なものを投入する。また、3年目を迎えるマクラーレンとの協力体制も日々強固なものとなっているという。

 16年にホンダF1プロジェクトの総責任者に就任し、2年目のシーズンを迎える長谷川氏は「過去2シーズンで得た経験を基に、17年シーズンはパワーユニットのコンセプトを大きく変更しました。新型パワーユニットRA617Hは、すべての主要コンポーネントの見直しを図り、低重心化と軽量化、ICE(エンジン本体)のパワー向上を実現しています」と語る。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
小川舞(おがわまい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング