F1 ニュース

2017.02.28

【タイム結果】2017第1回F1バルセロナ合同テスト2日目午前


F1 | 【タイム結果】2017第1回F1バルセロナ合同テスト2日目午前

 28日、スペインのカタロニア・サーキットでF1合同テスト2日目が行わおり、午前中のセッションは、メルセデスW08をドライブするルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

 スーパーソフトタイヤを履き午前中のベストタイムをマークしたハミルトンは、周回数でも最多となる66周を走破。初日に続きポテンシャルの高さを見せつける結果となった。

 2番手タイムはフェラーリのキミ・ライコネンが記録。ハミルトンから1.8秒の差を付けられているが、フェラーリはミディアムタイヤでの走行を続けていたため、マシンの実力を反映したタイムでは無いと思われる。

 マクラーレン・ホンダはストフェル・バンドーンがステアリングを握り29周を走ったが、ピットレーンでマシンがストップする場面も。結局、ホンダは初日に続きトラブルに見舞われ、2度目のパワーユニット交換を行うこととなってしまった。

 また、ルノーはセッション開始後も長時間ガレージで作業を行うことになってしまい、ジョリオン・パーマーは計測ラップを走ることができなかった。

■第1回バルセロナ合同テスト2日目午前 結果

PosNoDriverTeamTimeLaps
144ルイス・ハミルトンメルセデス1'20.98366Laps
214キミ・ライコネンフェラーリ1'22.83147Laps
331エステバン・オコンフォース・インディア1'23.04527Laps
420ケビン・マグヌッセンハース1'23.20036Laps
533マックス・フェルスタッペンレッドブル1'23.21231Laps
626ダニール・クビアトトロロッソ1'25.01244Laps
718ランス・ストロールウイリアムズ1'26.04012Laps
82ストフェル・バンドーンマクラーレン1'26.20129Laps
936アントニオ・ジョビナッツィザウバー1'33.7415Laps
1030 ジョリオン・パーマールノーno time1Laps

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
榎本セナ(えのもとせな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング