F1 ニュース

2017.03.07

F1 Topic:本当に「マクラーレンは勝つ準備ができている」のか?


F1 | F1 Topic:本当に「マクラーレンは勝つ準備ができている」のか?

 1回目のバルセロナ合同テスト初日、マクラーレンのモーターホームで開かれた会見で、レーシングディレクターのエリック・ブーリエにこんな質問が飛んだ。

「あなたは(新車発表会で)『マクラーレンは勝つ準備ができている。だが、ホンダはそうではないかもしれない』と語ったそうですが、本当ですか?」

 ブーリエはすぐさま否定した。 
「私はマクラーレン側の人間なので、マクラーレンのことに関しては言うことができるが、ホンダに関しては私が語るのは適当ではないので語れないということだ」

 すると質問者が再び「では、マクラーレンは今年勝つ準備ができているんですね?」と尋ねると、ブーリエは「ああ、そうだ。われわれはいつでも勝つ準備はできている」と回答した。

 F1は車体とエンジン(パワーユニット)を切り離して考えることはできない。勝つためにどのパワーユニットを使用するのかもF1において重要な戦術である。「車体はいいが、エンジンがダメだ」とか「エンジンはいいが、車体がダメだ」というのは、いつの時代も負け犬の言い訳に過ぎない。

 確かにいまのホンダはパワーという面において、メルセデスを上回ってはいない。それはホンダだけが認識しておくことだけでなく、マクラーレンも認識しておきべきことで、「パワーユニットのことはホンダに聞いてくれ」ではなく、現時点でメルセデスを上回っていないホンダPUを使用する道を選んだのだから、ブーリエには「われわれ(マクラーレンとホンダ)はまだ勝つ準備が、いまはまだできていない」と言ってもらいたかった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング