F1ニュース

2017.03.09

F1 Topic:アロンソの「ホンダパワーユニットは時速30km遅い」は本当か?


 まさに衝撃的な会見だった。3月8日のテストが終了した後、フェルナンド・アロンソが公然とホンダを批判したのだ。

「問題はひとつだけだ。パワーユニットだ。信頼性もないし、パワーもない。僕たちはストレートで時速30kmも遅い。すべてのストレートでだ。すべてのストレートで30km遅ければ、クルマのフィーリングをつかむのは難しい。僕はベストを尽くしている。自分のことを最高のドライバーだと信じている。今年はレギュレーションが変わって、勝つ準備ができていたのに……」

 ホンダがこのテストで信頼性に問題を発生させたのは事実である。またパワーという点においても十分ではないことは長谷川祐介ホンダF1総責任者も新車発表会の時点で認めている。 

「ベンチテストの段階でさまざまな問題があって、目標としていたパワーに達することができないまま、テストを迎えることになったことは事実です。それに対して、アロンソからも『ガッカリした』と言われていますし、われわれとしても自分たちの目標が達成できなかったことは非常に残念です」

 しかし、ドライバーもマシンも完璧で、ホンダのパワーユニットだけが悪いかのような発言に対しては、少し違和感を覚えた。例えば、アロンソが言う「すべてのストレートで時速30kmも遅い」は、明らかに事実と異なる。1回目のバルセロナテストでの4日間合計のスピードトラッブ順位は以下の通りである。

■第1回合同テスト・スピードトラップ
1位 ザウバー 332.3km/h
2位 ハース 331.2km/h
3位 レッドブル 330.2km/h
4位 フェラーリ 328.2km/h
5位 メルセデス 327.2km/h
6位 ウィリアムズ 324.3km/h
7位 ルノー 324.3km/h
8位 フォース・インディア 321.4km/h
9位 トロロッソ 317.6km/h
10位 マクラーレン 314.8km/h