海外レース他ニュース

2017.04.16

F2第1戦バーレーン決勝1:マルケロフ逆転優勝。松下信治は8位でレース2のポールを獲得


海外レース他 | F2第1戦バーレーン決勝1:マルケロフ逆転優勝。松下信治は8位でレース2のポールを獲得

2017年からGP2から名称を変更したF2が4月15日にバーレーンで開幕。土曜日の決勝レース1は32周で行われ、ロシアン・タイムのアルテム・マケロフがレース終盤のラストスパートが奏功して逆転優勝を飾った。

 ポールポジションは19歳のルーキー、シャルル・ルクレール(プレマ)が獲得。予選で2番手タイムを記録したアントニオ・フォコ(プレマ)はペナルティで3グリット降格となり、2番グリッドはニック・デ・ブリース(ラパックス)がつけた。

 日本期待のホンダの育成ドライバー、松下信治(ART)は6番手グリッド。F1はナイトレースながら、F2の決勝レース1は日中に行われるため、中東ならではの酷暑のバーレーンではタイヤのマネジメントがカギになる。
 
 決勝レース1のスタートでは、ルイ・デレトラス(レーシング・エンジニアリング)ベルトラズがエンストしたものの大きな混乱はなく、ルクレールがトップで1コーナーへ。4番グリッドから好スタートを決めたノーマン・ナト(アーデン)が2番手に上がり、松下は5番手に1ポジションアップ。

F2第1戦決勝レース1のスタートではポールのルクレールがトップを守る中、4番手スタートのナトが2番手に躍進。
F2第1戦決勝レース1のスタートではポールのルクレールがトップを守る中、4番手スタートのナトが2番手に躍進。

 2番手のナトは3周目にルクレールのスリップに入り、1コーナーでインを付いてトップの座を奪う。ケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースのロゴが入った黄色のアーデンのマシンがトップに立つ。

 だが、ナトは4周目のストレートで単独走行ながら路面のギャップの振動の影響からか、フロントウイングの一部(翼端版か)を破損。その影響からか、7周目の1コーナーでルクレールにインを奪われ、トップを奪われてしまう。

 その後方では松下が無線でチームに訴えるようにタイヤが厳しくなったようでペースが上がらず、ルカ・ギオット(ロシアン・タイム)に1コーナーでかわされ、その後ジョーダン・キング(MP)にオーバーテイクを許して、ふたつ順位を下げて7番手に後退。その翌周にはオリバー・ローランド(DAMS)にもかわされて8番手の周回を余儀なくされる。

 12周目、4コーナーで10番手のアレクサンダー・アルボン(ART)と11番手のニコラス・ラティフィ(DAMS)が接触し、ラティフィはフロントウイングを失い後方へ。

 15周目にはペースの苦しい松下がチームメイトのアルボンと争い、順位を奪われる。同じ周には2番手から3番手に順位を下げたのナトが上位で最初のピットイン。その後、ナトはファステストラップを記録しながら逃げの体制へと入る。

 ナトに合わせるように、16周目にはトップのルクレールがピットインし、ピットアウト直後には先にタイヤ交換を終えたナトとアウトラップバトル。実質のトップ争いは接近戦の後、先にタイヤが温まっているナトが先行。ルクレールがその後に続く展開となる。

■F2ならではの終盤の混戦。松下が逆転


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング