海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.05.15 18:33
更新日: 2017.05.15 18:34

2週間に渡る戦い。2017年のインディ500走行スケジュールをチェック


海外レース他 | 2週間に渡る戦い。2017年のインディ500走行スケジュールをチェック

 今年で101回目の開催を迎える世界三大レースのひとつ『インディアナポリス500マイルレース』。2週間に渡るインディ500の走行スケジュールを開催前におさらいしよう。

 インディアナポリスモータースピードウェイの2.5マイルオーバルを舞台に毎年5月最終月曜日の戦没将兵追悼記念日前日に行われる世界三大レースのひとつ、インディ500。1911年に初開催し、昨年100回大会を迎えた。

 5月はじめに開幕しプラクティス走行や予選、サイン会やパレードなどのイベントを行うなど決勝レースまで約1カ月に渡って開催され“マンス・オブ・メイ”ともいわれる。

 近年は走行スケジュールが短縮され約2週間に凝縮されて開催されている。

■予選に向けて5日間のプラクティス走行

 第101回大会となる2017年のインディ500。走行がスタートするのは15日月曜日からだ。初日は12時から14時まではインディ500のルーキードライバーに課せられたルーキーオリエンテーション・プログラムの走行時間となる。

 ルーキーオリエンテーション・プログラムは、インディ500初挑戦のドライバーに対して、205~210mphで10周の走行、210~215mphで15周の走行、215mph以上で15周の走行を行うことを定めるものだ。F1モナコGPを欠場してインディ500に挑むマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、5月3日の走行時にこのプログラムをクリアしている。

15日から行われるプラクティス走行。雨などで中止になることも
15日から行われるプラクティス走行。雨などで中止になることも

 そのあと14時から18時までが全車のプラクティス走行となり、まずはベースセッティングの確認を行っていく。

 16日の火曜日から18日の木曜日までは、雨などが降らない限り12時から18時までの6時間のプラクティス走行が連日予定されている。

 そして19日金曜日はプラクティス走行はファストフライデーと呼ばれ、5日間のプラクティスの集大成を見せる日でもあり、各車が予選に向けたセッティングを試すプラクティスでもある。

 この日から予選用のターボチャージャーも導入されエンジン出力がアップ。よりハイスピードの走行が行われる。また、高額な賞金で知られるインディ500ではさまざまな賞金設定があり、ファストフライデーのトップには賞金1万ドルが授与される。

プラクティスではチームメイト同士で集団走行なども行いセッティングを煮詰めていく
プラクティスではチームメイト同士で集団走行なども行いセッティングを煮詰めていく

■2日間の予選で3台×11列の33グリッドが決定

 翌日20日からはいよいよ予選がスタート。予選初日は、1時間のプラクティス走行のあと11時から17時50分まで走行時間が設けられる。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Freem Motorsport Lady
加乃ほのか(かのほのか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング