海外レース他ニュース

2017.09.01

FIA F2、2018年から導入の新型マシンを初公開。V6ターボエンジン&ハロ採用


海外レース他 | FIA F2、2018年から導入の新型マシンを初公開。V6ターボエンジン&ハロ採用

 FIA F2は8月31日、F1第13戦イタリアGPが行われるモンツァで、2018~2020年のF2に採用されるダラーラ製新型マシンを初公開した。

 モンツァのパドックでお披露目された新世代マシンの外観は、後方に傾斜するフロントウイングや、ターニングベーン、サイドポンツーン、ワイド・アンド・ローになったリヤウイングなど、最新F1マシンのエアロデザインを反映したものとなった。

 また、コクピット上部には2018年からF1で採用されることが決まっているドライバー保護システム“ハロ”の最新版が装着されている。

 マシン寸法は5224mm×1900mmとなり、現行車と比べて全長が159mm長くなった。これに伴いホイールベースも3120mmから3135mmへと15mm延長。タイヤはこれまでと同様にピレリが提供するコントロールタイヤを装着する。

 パワートレインには最大出力620HP/8750rpm、最大トルク600Nmを発揮するメカクローム製3.4リッターV6シングルターボエンジンと、ヒューランド製6速ギヤボックスが組み合わされ、これらを制御する共通ECUも強化が図られた。

 新型マシンのシェイクダウンは今年7月、フランスのマニクール・サーキットで行われ、成功裏に終わった。しかし、今後も12月に予定されている2回のテストを含む開発プログラムを継続し、各部の信頼性をさらに高めた状態でチームにデリバリーされる。

 F2は各チームの1台目を2018年の1月中旬にデリバリーする予定。2台目は2月中旬となる見込みだという。

新型F2マシン
新型F2マシン
メカクローム製3.4リッターV6シングルターボエンジン
新型F2マシン
新型F2マシン


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

T’s CONCEPT
旭はるな(あさひはるな)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング