海外レース他 ニュース

2017.12.21

豪州SC:プロドライブが新生「ティックフォード」に改名。スタナウェイを起用


海外レース他 | 豪州SC:プロドライブが新生「ティックフォード」に改名。スタナウェイを起用

 VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーでフォード陣営のトップチームとして活動してきたプロドライブ・レーシング・オーストラリア(PRA)が、2018年シーズンから新たに『Tickford Racing(ティックフォード・レーシング)』に改称。4人目のレギュラードライバーに、2017年の耐久カップで快走を見せたリッチー・スタナウェイを迎えると発表した。

 この新チーム名採用の背景には、同チームが2016年10月に立ち上げた高性能ロードカー部門である『Tickford(ティックフォード)』と、レースチームをより緊密に連携させる狙いがある。

 PRAは2003年にイギリスの巨大モータースポーツ企業、プロドライブを率いるデビッド・リチャーズがグレン・ストン・レーシングを買収したことで誕生。以降、2015年にフォードがシリーズへのファクトリーサポート活動から公式に撤退するまで“フォード・パフォーマンス・レーシング”のサブネームを掲げて戦ってきた。

 その最中、2012年にはリチャーズがチーム運営から手を引き、地元オーストラリアのビジネスマンであるロッド・ナッシュとラスティ・フレンチに株式を売却するも、チームはライセンスに基づきプロドライブの名称を継続使用してきた。

「我々はイギリス(プロドライブ)との技術的リンクが途絶えた後も、引き続き同じチーム名で戦ってきたが、つねに名称変更の議論が続いていた。2018年以降、我々の活動に紐付いたティックフォード・レーシングの名を使用すると発表できて、本当に光栄だ」とナッシュ。

「この変化は、急速に成長しているパフォーマンス・ロードカー事業とレース部門との間の強力なつながりを作り出している。この新ロゴは、レーストラックと一般道の双方で、ティックフォードにとって非常に明白なブランドアイデンティティを示すことになる」

「一方で、PRAの名はVASCのチャンピオンシップと(下部組織である)スーパー2、そしてバサーストでも成功を収めた由緒ある名称でもあり、我々のファンとメンバーがその変化をどう感じるか、常に意識してきたことも事実だ」と、ナッシュ。

 2013年にはマーク・ウインターボトム/スティーブン・リチャーズ組が、2014年にはチャズ・モスタート/ポール・モリス組がそれぞれバサースト1000を制したPRAは、2015年にウインターボトムがシリーズタイトルを獲得。その下部組織となるダンロップ・スーパー2選手権でも、16年に王座を獲得している。

市販ロードカーの高性能バージョンを手がける「ティックフォード」と名称を統一
Gen2規定に従い、ファルコンの次期モデルには『マスタング』投入も噂されるフォード
2017年も通算5勝を挙げるなど、フォード陣営のエースチームとして活躍したPRA


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
那津あやこ(なつあやこ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング