海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.01.26 16:58
更新日: 2018.01.26 16:59

豪州SC:IMSA王者ジョーダン・テイラーが、レッドブルの新型コモドアZBをテスト


海外レース他 | 豪州SC:IMSA王者ジョーダン・テイラーが、レッドブルの新型コモドアZBをテスト

 IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの開幕戦デイトナ24時間を控えたレースウィークの月曜に、2017年IMSA王者のジョーダン・テイラーが渡豪。2018年からVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーに投入される新型『ホールデン・コモドアZB』のテストを行った。

 先週金曜の1月19日にシドニーの港湾内に設置された海上ステージで、この新型マシンのアンベイル・イベントを行ったばかりのレッドブル・レーシング・オーストラリア(RBRA)は、週明けすぐの月曜に“エバリュエーション・デイ(評価日)”の一環として、このニューカラーリングに彩られた新型マシンのトラックテストを敢行。

 クイーンズランド・レースウェイで行われたこのテスト走行の機会には、RBRAを運営するトリプルエイト・レースエンジニアリングの招待で、2017年IMSA王者のジョーダン・テイラーが参加し、Gen2(Next-Gen)規定スーパーカー参戦車両の初ドライブを体験した。

 2014年から父ウェイン・テイラーが運営するチームでIMSAのスポーツカー選手権に参戦してきた末っ子のジョーダン・テイラーは、兄のリッキーと組み2017年のIMSA開幕戦デイトナ24時間を新型キャデラックDPi-V.Rで制すると、そのままシリーズチャンピオンを獲得。

 また2012年からコルベット・レーシングとともに参戦するル・マン24時間では、2015年にシボレー・コルベットC7.RでGTEプロクラスを制するなど、耐久シリーズのトップドライバーとして活躍してきた。

 2018年のデイトナ24時間を目前に控えた現地1月22日、クイーンズランドのトラックに到着したテイラーは、従来型の5.0リッターV8 OHVから『キャデラックATS-V.R.GT3』に搭載されたエンジンをベースとする3.6リッターV6直噴ツインターボに換装された新型コモドアZBで数ラップをドライブ。

2018年から発効するGen.2規定では、V8NA以外のエンジンや、4ドア以外のボディ形状も参戦可能となる
自身初となるVASCスーパーカーのステアリングを握ったジョーダン・テイラー
GMアライアンスのもと開発された3.6リッターV6直噴ツインターボの評価テストを担当か


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Tom’s
木村理恵(きむらりえ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング