海外レース他ニュース

2018.02.02

WTCR:2台のシビックTCR参戦決定。シリーズ発足初年度は26台フルグリッドのエントリー


 TCRのベネルクス・シリーズなどを主戦場に活動を続けてきたベルギーのブーツェン・ジニヨン・レーシングが、2018年創設のWTCRワールド・ツーリングカー・カップに、FK8型のホンダ・シビック・タイプR・TCRで参戦するとアナウンスした。

 地元ベルギー出身の元F1ドライバー、ティエリー・ブーツェンも設立に参画したこのチームは、2016年と17年にステファン・ラムレ、ベンジャミン・レセンスの手によりTCRベネルクスで連覇を達成。

 さらにトム・コロネルやオーレリアン・パニスを擁して2017年のTCRインターナショナル・シリーズにもスポット参戦し、パニスはタイ戦のレース2でチーム初勝利も飾っている。

 今回のWTCR参戦発表に際し、チームマネージャーのオリビエ・レインは「この新たな決断は、我々のチームにとって最大のチャレンジになるだろう」と語った。

「FIA WTCRに向け新たな冒険を始めることができて非常に喜んでいる。この2年間の大いなる成功を受け、この先もホンダとの強力な関係を継続することは、とても理にかなっていると思う。この新型シビック・タイプR・TCRとともに最初のテストを始める日を楽しみにしている」とレイン。

 ブーツェン・ジニヨン・レーシングとしては、初年度のWTCRに2台のマシンを送り込む予定だが、そのドライバー選定に関しては追って明らかにする予定だという。

 また、1月31日をもって2018年フルシーズンエントリーの募集を締め切ったWTCRは、栄えある初年度に26台フルグリッドのエントラントが集った、と明かした。

 これは前身であるTCRインターナショナル・シリーズで年間全戦にエントリーした台数の16台を大きく上回る数字となっており、さらに各イベントごとに2台のワイルドカード枠を新たに用意したこともアナウンスされている。

 ユーロスポーツ・イベント代表でWTCRプロモーターを務めるフランソワ・リベイロは、このエントリー状況を受けてWTCC世界ツーリングカー選手権に置き換わるこの世界的シリーズが、必ず大きな成功を手にすると自信を深めている。

カラーリングやドライバーはまだ未定ながら、2台体制での参戦を予定する
2017年にはTCRインターナショナルにも数戦にエントリー。タイ戦では初勝利も飾っている
TCRインターナショナル参戦時にドライバーを務めたオーレリアン・パニスはWTCRにはコム・トゥー・ユーからの参戦が決まっている


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

D'z gals/2018D1GP
原田瞳(はらだひとみ)

Photo Ranking

フォトランキング