海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.02.21 16:06
更新日: 2018.02.21 17:56

BTCC:開幕へ向け続々とシートが決定。ホンダ・シビック、BMWの台数増加


海外レース他 | BTCC:開幕へ向け続々とシートが決定。ホンダ・シビック、BMWの台数増加

 2016年シーズンのBTCCイギリス・ツーリングカー選手権にウエスト・サリー・レーシング(WSR)から参戦し、チーム・ダイナミクスのゴードン・シェドン(ホンダ・シビック・タイプR)と激しいタイトル争いを演じたサム・トルドフが、フォード陣営のトップチームであるモーターベース・パフォーマンスに加入。1年ぶりのシリーズ復帰を果たす。

 2018年に向けWTCC世界ツーリングカー選手権最後のインディペンデント王者となったトム・チルトンを起用し、新たにチーム・シュレッデド・ウィート・ウィズ・ギャラガーの名称に変更したモーターベースは、同時にこれまでのフォード・フォーカスSTからベースモデルをチェンジ。新たに最新フェイズに進化したフォーカスRSを投入する。

 その3台目のフォーカスRSをドライブすることとなった元BMW125i Mスポーツユーザーのトルドフは、その世界的食品企業のネスレがサポートするイエローのマシンではなく、WSR時代にもバックアップを受けた個人スポンサー、ガードXのパートナーシップを継続し『Team GardX Racing』の名称でエントリーする。

 現在28歳のトルドフは、BTCCを離脱して以降は同じイギリス国内のブリティッシュGTチャンピオンシップに参戦。このオフにはBTCC復帰への評価と道筋を探るべく、AmDチューニング.comのアウディS3セダンやパワー・マックス・レーシングのボクスホール・アストラBTCCなどを立て続けにテスト。そして今月末にスペインで行われるプライベートテストで、いよいよフォーカスRSのステアリングを握る予定となっている。

「こうしてBTCCにカムバックすることができて本当にエキサイティングだ」と喜びを語ったトルドフ。

「2016年にシリーズを離れる決断をしたときは、一度自分の頭をクリアにして、何もかもリセットする必要があった。だからGT3のマシンをドライブしてヨーロッパのあらゆる場所でレースをし、ふたたびバトルをする準備をしてきた。もちろん、僕にはBTCCでやり残した仕事があるからね」とトルドフ。

「本当にわずかなギャップでタイトルを逃してしまった時、僕は僕自身が楽しいと思える環境に戻りたいと思ったんだ。でもBTCCに戻ると決断した唯一にして最大の望みは、ドライバーズタイトルの獲得だけだ」

「その目標に向け、モーターベースの環境は完璧なソリューションだった。チームはマシンを再構築し、STに足りなかったものをこのRSで克服した。前輪駆動は僕にとって目新しいものではないけど、もう一度そのゾーンに入るには少し移行期間が必要だろうね。でも、タイトルを獲得できると思わなければ、戻ってきたりはしないよ」

今季からフォード・フォーカスRSを投入するモーターベース・パフォーマンスに加入するサム・トルドフ
2016年にはWSRのBMW125i Mスポーツをドライブし、激しいタイトル争いを展開した
モーターベースでおなじみのイエローではなく、独自カラーとチーム名で参戦。カーナンバーはWSR時代と同じ600となる


本日のレースクイーン

ワイルドスピード
浜嶋りな(はましまりな)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング