海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.04.15 16:34
更新日: 2018.08.16 16:46

FE第7戦:終盤の混戦を制したバードが初のローマePrix勝者に。ロッテラーは2度目の表彰台


海外レース他 | FE第7戦:終盤の混戦を制したバードが初のローマePrix勝者に。ロッテラーは2度目の表彰台

 イタリア・ローマ市街地で初開催となったフォーミュラE第7戦。14日に行われた決勝レースは、サム・バード(DSヴァージン)が今季2勝目を挙げた。

 2017/2018シーズンも後半戦に突入。その最初の舞台は初開催となるローマ市街地だ。

 4つのグループに分かれて争われる予選をトップで通過したのはアンドレ・ロッテラー(テチーター)だった。しかし、スーパーポールではフェリックス・ローゼンクヴィスト(マヒンドラ)が1分36秒311と2番手のバードに0.6秒差をつけ、今季3度目のポールポジションを獲得する。

ポールポジションを獲得したフェリックス・ローゼンクヴィスト

第7戦ローマePrixスタート

 コースの特性上コントロールラインとスタートラインが異なるため、後方からの変わったスタートとなった33周の決勝レース。ファーストコーナーとなるターン13のヘアピンをローゼンクヴィストがトップで飛び込む。

 2番手のバードはローゼンクヴィストを攻めるもオーバーテイクには至らず、ミッチ・エバンス(ベンチュリ)、ロッテラーが僅差で続いていく。

 ファンブーストはルーカス・ディ・グラッシ(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)、地元イタリアのルカ・フィリッピ(NIOフォーミュラE)、そしてセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)が獲得。

 レースはこう着するもピットインが近づき慌ただしさを見せ始める。スタートの接触で順位を落としていたブエミは14周目にオリバー・ターベイ(NIOフォーミュラE)を攻略し5番手に浮上。その勢いのままロッテラーを攻め立てる。

 16周目、ヘアピンでは4台が絡む多重クラッシュが発生。コースを半分ふさぐかたちになるも、各車走行に戻ったためローカルイエローが振られるのみに。この周の終わりにはトップ集団がピットイン。エバンス、ロッテラー、ダニエル・アプト(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)、ポイントリーダーのジャン-エリック・ベルニュ(テチーター)らは16周目終わりでピットに入らず、もう1周走行する作戦を選択する。

 ステイアウト組は17周目終わりでピットイン。ローゼンクヴィストはトップをキープし、バード、ブエミ、エバンス、ロッテラーの順に。ここでアレックス・リン(DSヴァージン)がクラッシュしフルコースイエローに。最後にピットインしたジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン・レーシング)は、この恩恵を受けて11番手までジャンプアップする。

 マシン交換後のバードのアタックを死守していたローゼンクヴィストは、少しリードを築いた23周目にまさかのストップ。「縁石にヒットした」と無線で話し、無念のリタイアとなった。

ルーカス・ディ・グラッシ(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)

 ロッテラーを攻略したディ・グラッシはブエミにも接近。ファンブーストを使ってポジションをキープするブエミを、24周目に今度はディ・グラッシがファンブーストを使ってオーバーテイクに成功する。

 ここでローゼンクヴィストのマシンを撤収するため再びフルコースイエローに。レース再開となるとエバンスはファステストを記録しながらでバードを追いかける。

アンドレ・ロッテラー(テチーター)

終盤トップ争いは僅差の混戦に


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

PUMA
織田真実那(おだまみな)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング