海外レース他ニュース

2018.05.16

牧野は着実に一歩前進、福住はエンジニアと連携が取れず不振にあえぐ/FIA F2第3戦スペイン


 FIA F2もヨーロッパラウンドに入り、いよいよ本格的な争いへと突入してきた。シーズン序盤戦は開幕前からのエンジンやクラッチなどのトラブルが解消されないままの実戦だったが、ここにきてこうしたトラブルも落ち着いてきた感がある。 

 そんな中でロシアンタイムの牧野任祐は着実に一歩前進を果たしたが、アーデンの福住仁嶺は一歩後退で泥沼にはまってしまった。

 牧野は予選で7番手を獲得したが、最終アタックを前走車に三度にわたって妨害された上での結果であり、本人は「3位か4位にはいけた」と悔しがるほどの速さがあった。

「前にいたジャック(・エイトケン)がターン4でミスをしてバックオフしたんで、それで僕も煽りを喰らってアタックできなくなってしまったんで、仕方ないからそのラップは捨ててクールダウンして次の周にもう1回アタックしたんですけどまたジャックがターン2でミスをしてまた煽りを喰らって、最終的にやっと僕がタイムを出せたのは3周目だったんです。だからタイヤの美味しいところは終わってしまっていたし、このラップもターン1の飛び込みの手前でセルジオ(・セッテ・カマラ)がピットアウトしてきて交錯するし、このタイムしか出せませんでした。余裕で3位か4位にはいけたはずだし、本当に悔しい……」

2018年 FIA F2 第3戦スペイン 牧野任祐

 しかし牧野の課題はレースでのロングランだった。予選でも使用したオプションタイヤ(ソフト)では悪くなかったが、プライムタイヤ(ミディアム)でのペースは今回も伸び悩んでしまった。

 チームメイトのアルテム・マルケロフをもってしてもそれほど速くはなかったため、今回のロシアンタイムは苦戦を強いられていたようだ。とはいえ、ロングランを速くするためのマシンセットアップと走らせ方には改善の余地が見えてきた。

「オプションのペースは悪くなかったし本当はもう少しオプションで引っ張りたかったんですけど、(13周目の)VSC明けにターン1で大きくロックしてしまって、それでピットインしなければならなかったんですけど、プライムではマシンバランス的にオーバーステアが強くて苦戦しました。VSCでフロントの温度が下がるとバランスが良くなって、そこからフロントが温まってくるとまたオーバーステアになるっていうことが起きていました」


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Owltech Lady/2018SF
加藤遥香(かとうはるか)

Photo Ranking

フォトランキング