海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.06.12 15:14

BTCC:第4戦オールトンパーク。常勝軍団覚醒、BMW2連勝で選手権首位浮上


海外レース他 | BTCC:第4戦オールトンパーク。常勝軍団覚醒、BMW2連勝で選手権首位浮上

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権の第4戦が6月8~10日にオールトンパークで開催され、予選とレース1で伏兵のマット・シンプソン(ホンダ・シビック・タイプR)が躍進を見せるなか、続くレース2、レース3で常勝軍団が覚醒。ウエスト・サリー・レーシング(WSR)のコリン・ターキントン(BMW125i Mスポーツ)が今季初優勝を決め、選手権首位に浮上した。

 フリープラクティスでのトップタイムマークでパドックを驚かせたユーロテック・レーシングのシンプソンは、その余韻も冷めやらぬまま予選で自身初のBTCCポールポジションを獲得。

 昨季チーム・ダイナミクスの3台目としてルーキーイヤーを過ごし、今季はユーロテックに移籍し、引き続き自身が代表を務める企業のオリジナルカラーをまとったシビックを走らせているこのジェントルメンドライバーは、ここまでの3戦で予選トップ10入りは開幕戦ブランズハッチの1回のみながら、このオールトンパークで後続にコンマ2秒の差をつける理想的なアタックを披露してみせた。

「ポールを獲得できるなんて”メガ・フィーリング”だよ。セッションが始まってからは1分25秒6前後がトップタイムになるだろうと思っていた。1分25秒750が出たのを見たときは『悪くないタイムだ』とは思ったけど、他にバラストを載せていないドライバーたちが続いてくると予想していたんだ」と、振り返ったシンプソン。

「(ルーキーだった)昨年の予選タイムは26秒9だから、僕自身は大きなインプルーブを成し遂げたといえるね。それが最高にうれしいんだ」

 そのシンプソンはレース1スタートでも見事にホールショットを決め、フロントロウに並んだサム・トルドフ(フォード・フォーカスRS)、3番グリッドのトム・チルトン(フォード・フォーカスRS)のモーターベース・パフォーマンス軍団を抑えることに成功すると、そのまま15ラップを走りきりBTCC初優勝をマーク。スタートでチームメイトを逆転したチルトンが2位、トルドフをかわしたWSRのアンドリュー・ジョーダン(BMW125i Mスポーツ)が3位に入った。

 しかし同日の午後14時50分スタートとなるレース2を前に、引き続きポールシッターとなるはずだった勝者シンプソンのマシンを異変が襲い、チームはエンジンの換装を決断。これでチルトンが実質先頭スタートで始まったレースは、3番手ジョーダン以下、虎視眈眈と上位進出を狙っていたWSRのBMW軍団が躍進する展開となる。

 チルトン、ジョーダンがパックを引っ張る形となったオープニングラップは、後続集団でいくつかのアクシデントが発生。チーム・ダイナミクスのルーキー、ダン・カミッシュ(FK8ホンダ・シビック・タイプR)が他車に弾かれる形でコースオフを喫すると、なんとかマシンを立て直してロスを最小限に抑えてコースに復帰。

ユーロテック・レーシングから参戦するBTCC2年目の伏兵、マット・シンプソンがポールポジションを獲得
落ち着いてスタートを決めたジェントルメンドライバーは「ばかげたミスを犯さない」ことに集中してレースをコントロール
2位トム・チルトン、3位アンドリュー・ジョーダンを従えてBTCC初勝利を飾った

R1は表彰台圏内を走行も、4戦連続4位のサム・トルドフは、R2で炎上リタイヤに


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

K-ONE
米倉楓(よねくらかえで)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング