海外レース他ニュース

2018.06.13

フォーミュラE:ルノーe.ダムスからプロスト離脱へ。「次に進む時が来た」


 ABBフォーミュラE選手権の初年度よりルノーe.ダムスからシリーズ参戦しているニコラス・プロストは6月10日、スイスで約60年振りのモーターレースとして開催されたフォーミュラE第10戦チューリッヒE-Prix決勝レース後、2017/18シーズンを最後にe.ダムスからの離脱を表明した。

 ルノーe.ダムスはシリーズ開催初年度の2014年末から4シーズンに渡りフォーミュラEに参戦。シーズン1の2014/15年からシーズン3の2016/17年まで、3年連続でマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。

 またe.ダムスは参戦初年度から、セバスチャン・ブエミとニコラス・プロストを擁しドライバーズチャンピオン争いを展開。ブエミはシーズン2の2015/16年にシリーズチャンピオンを獲得している。

 プロストといえば4度のF1ドライバーズチャンピオンに輝いたアラン・プロストを父親にもつドライバー。シーズン1、記念すべきフォーミュラE開幕戦の北京E-Prixではポールポジションを獲得した。これまで43回のレースに出走し3回優勝を経験、2015/16シーズンではシリーズランキング3位を獲得している。

「プロストはチーム創設以来、チームの(精神的)柱だった。ブエミとともにプロストはお互いを尊敬し協力しあえるドライバーとなり、2人はチームの躍進に無くてはならない存在だった」と語ったのはチームオーナーのジャン-ポール・ドゥリオ。

「特にプロストとブエミの活躍で勝ち取った3度のチームタイトルなど、私たちはともに素晴らしい時間を過ごしてきた」

「しばしばフラストレーションのあった今シーズンの後、フォーミュラEの新たな歴史の幕開けにおいて、私たちは次の一歩を踏み出す時が来たんだ」

「私たちはプロストがこれからも成功することを心から願っている」

スイスを"初めて"走るプロストとブエミ
スイスを”初めて”走るプロストとブエミ


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

D-LOVEits/2018D1GP
NRK the Hedgehog(のりこざへっじほっぐ)

Photo Ranking

フォトランキング