海外レース他 ニュース

2018.12.03

松下信治、FIA F2テストでレースペースに自信を深める。課題の予選は「これから研究」


海外レース他 | 松下信治、FIA F2テストでレースペースに自信を深める。課題の予選は「これから研究」

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで11月29日~12月1日、FIA F2のポストシーズンテストが開催され、2019年にカーリンからF2へ復帰する松下信治は最終日に7番手タイムをマークした。

 2015~17年にARTグランプリからF2(旧GP2)に参戦していた松下は、2019年にマクラーレンからF1デビューするランド・ノリスを輩出したカーリンからF2に復帰参戦する。

 そんな松下、アブダビテストの最終日に7番手タイムを記録。トップにつけたチームメイトのルイス・デルトラズからは0.5秒遅れとなったものの、レースペースに自信をみせる。

「午前中にレースシミュレーションをやりました。すごくいい感触で、デグラデーション(タイムの落ち幅)も一番少ないと思う。チームメイトと比べても(ロングランのトータルタイムが)20秒ぐらい速かったので、それはすごいよかった。ネガティブな感じでは無いです」と松下は語る。

「午後はニュータイヤを入れました。走りのレベルは良いところまで来ているんですが、予選アタックで(デルトラズと)コンマ5秒ぐらい差があります。データを見てみると、ちょっとした差があって、そこをまだ攻めきれていないです。予選に関してはこれから研究します」

 3日間のテストを振り返り、「最初はぎくしゃくしていたけど、だんだん良くなってきています」とする松下。

「テストなのでどれだけ自分が失敗して、そこから学んで、レースで活かせるかが重要。レースシミュレーションに関してはいいプロセスを踏めました」

■2019年は「戦える」と自信を深めた松下信治


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
辻井美香(つじいよしか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング