海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.04.11 11:10
更新日: 2019.04.11 11:12

アルゼンチンの人気シリーズ『STC2000』が開幕。4気筒ターボエンジン初戦はルノー陣営に軍配


海外レース他 | アルゼンチンの人気シリーズ『STC2000』が開幕。4気筒ターボエンジン初戦はルノー陣営に軍配

 ホセ-マリア・ロペスやエステバン・グエリエリ、ネストール・ジロラミらグローバルに活躍するツーリグカードライバーを多数輩出する南米アルゼンチンの人気シリーズ、スーパーTC2000(STC2000)の開幕戦が4月6~7日にコルドバのオスカー・カバレンで開催され、チャンピオンチームのルノースポール、フルーエンスGTをドライブするリオネル・ペーニャと2連覇中の王者ファクンド・アルドゥソがワン・ツー・フィニッシュを飾った。

 長年シリーズで使用されてきたイギリス・ラディカル製の超コンパクトV型8気筒2700cc自然吸気エンジンに別れを告げ、2019年からフランス・オレカ製の専用ワンメイク・エンジンとなる最新の2リッター4気筒直噴ターボを導入したSTC2000シリーズ。

 その初戦となる開幕戦では、こちらも新規導入となる“スーパー・クオリファイ”も開催され、標準予選セッションで上位6台に残ったドライバーがシングルラップのシュートアウトに進出。6番手タイムを記録したドライバーから1発勝負で最後のグリッドを決める新方式が採用された。

 最初の出走順となったシボレーYPFのベルナルド・レイバー(シボレーYPFクルーズ)が4番手タイムを記録し、以下5番手にTOYOTA GAZOO Racing YPF Infiniaのジュリアン・サンテロ(トヨタ・カローラSTC2000)となり、続くマティアス・ミラ(ルノー・フルーエンスGT)はセクター最速を記録するも、トラックリミットを越え24秒ものタイムを失い6番手となった。

 このシュートアウトで最速を記録したのは同じくルノースポールのペーニャ(ルノー・フルーエンスGT)となり、3番手となったトヨタのエース、マティアス・ロッシ(トヨタ・カローラSTC2000)を0.243秒しのぐ1分32秒782をマーク。チームメイトのディフェンディングチャンピオンをも0.045秒上回り、2リッター4気筒直噴ターボ時代の幕開けを告げる最速タイム保持者となった。

 明けた日曜正午スタートのフューチャーレースは、こちらもシリーズではひさびさの試みとなるスタンディングスタートが採用され、1コーナーはポールシッターのペーニャがホールショット。王者アルドゥソも続き、ルノースポール勢が盤石のダッシュでワン・ツーを堅持する。

 その後方では5番グリッドから出たトヨタのミラが1コーナーまでにシボレーのレイバーをかわして3番手に浮上。ルノー2台を追いかける展開となっていく。

今季からワークス参戦を開始するフィアット。エンジンは全車2リッター4気筒直噴ターボを導入する
ホセ-マリア・ロペスやエステバン・グエリエリ、ネストール・ジロラミらを輩出した人気シリーズ。ゲスト戦には著名ドライバーも多数参戦する
チャンピオンチームのルノースポール、フルーエンスGTをドライブするリオネル・ペーニャと2連覇中の王者ファクンド・アルドゥソがレースを掌握
今季からTOYOTA GAZOO Racing YPF Infiniteに改称したトヨタのジュリアン・サンテロがルノーを追う展開に


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

K-ONE
米倉楓(よねくらかえで)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング