海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.07.09 11:36
更新日: 2020.05.21 15:41

豪州SC第8戦:豪雨、炎上、波乱満載のレースをレッドブル・ホールデンが制す


海外レース他 | 豪州SC第8戦:豪雨、炎上、波乱満載のレースをレッドブル・ホールデンが制す

 VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーの2019年第8戦となるタウンスビル400は、土曜のレース17で王者スコット・マクローリン(フォード・マスタング/DJRチーム・ペンスキー)が6連勝を決め今季13勝目をマーク。日曜レース18は豪雨、接触、炎上などアクシデント多発の展開でセーフティカー・フィニッシュとなり、レッドブル・レーシング・オーストラリア(RBRA)のシェーン-ヴァン・ギズバーゲン(ホールデン・コモドアZB)がマスタングの連勝を阻止する今季2勝目を挙げている。

 7月6~7日に開催された第8戦は、オーストラリア・クイーンズランド州北東岸に位置する港湾都市タウンスビルが舞台。市の公園内を中心とした70%パーマネントの半市街地コース、リード・パーク・ストリート・サーキットでは、ここまで5連勝を決め圧倒的な強さを見せるマクローリンとマスタングの組み合わせを誰が止めるのかが注目ポイントとなった。

 その土曜決勝レース17に向けた予選では、ホールデン陣営のトップチーム、エレバス・モータースポーツのデビッド・レイノルズ(ホールデン・コモドアZB)がその意気込みを感じさせる走りで今季初ポールポジションを獲得。2番手ティックフォード・レーシングのチャズ・モスタート(フォード・マスタング)にフロントロウも譲り、マクローリンは2列目3番手に留まるなど、王者の行軍もここで止まるかと予想させるグリッドポジションとなった。

 しかし、週末最初の200kmレースは一度もセーフティカー(SC)出動がない直球勝負のレース展開となり、勝敗はレースペースと各陣営のピットストラテジーに依存する形に。

 70周のレースでモスタートやRBRAのトリプルエイト・レースエンジニアリング勢と接近戦を展開したマクローリンは、45周目に最後のストップを済ませるとフレッシュタイヤで首位を猛追し、この時点でトップを走行していたジェイミー・ウインカップ(ホールデン・コモドアZB)のリヤバンパーに迫ると、残り20周の最終コーナーで首位浮上に成功。そのままトップチェッカーをくぐって盤石の6連勝を飾ってみせた。

 同じく200kmとなるレース18に向けた日曜午後の予選シュートアウトでは、王者マクローリンと同じマシンながら、ここまでセットアップで差をつけられてきたティックフォード陣営の1台、モンスターエナジー・フォード・マスタングのキャメロン・ウォーターズが、わずか0.0159秒差でマクローリンを押しやり今季初ポールを獲得。2列目にもレイノルズ、トッド・ヘイゼルウッド(ホールデン・コモドアZB/Matt Stone Racing)が並び、再びマクローリン&マスタング包囲網が完成した。

R1は3番手発進の王者スコット・マクローリンとフォード・マスタングだが、じわじわとポジションを上げる展開に
R1で勝利の可能性もあったエレバス・ペンライトのデビッド・レイノルズは2度目のピットで左リヤ脱着に手間取り6位も「これがチームで戦うレース」とクルーを擁護した
波風のなかったR1は、DJRマスタングとマクローリン(中央)が6連勝で今季13勝目を挙げた


本日のレースクイーン

ENEOS GIRLS
今井みどり(いまいみどり)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング