海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.08.05 16:34

欧州フォーミュラの名門DAMSの創設者、ジャン-ポール・ドリオが逝去


海外レース他 | 欧州フォーミュラの名門DAMSの創設者、ジャン-ポール・ドリオが逝去

 FIA F2に参戦しているDAMSは8月3日、チームの創設者でオーナーだったジャン-ポール・ドリオが闘病生活のすえ亡くなったと発表した。68歳だった。1988年にレーシングチーム『DAMS(ドリオ・アソシエ・モータースポーツ)』を創立して以降、国際F3000やGP2、フォーミュラ・ルノー3.5、F2などビッグフォーミュラの最強チームのひとつを牽引してきた。

 ドリオは1988年に、元F1ドライバーのルネ・アルヌーとともにDAMSを設立。もともとはドリオ=アルヌー・モータースポーツの略語だったが、その後現在のかたちとなった。88年に創立されてからは国際F3000を主戦場とし、1990年にエリック・コマス、93年にオリビエ・パニス、94年にはジャン-クリストフ・ブイヨンといったフランス人王者を輩出している。

 またF1直下のフォーミュラがGP2、そしてFIA F2に変わってからも参戦を続け、ロマン・グロージャンやダビド・バルセッキらを輩出。2007年には中嶋一貴が、2008〜09年には小林可夢偉も所属し、可夢偉はともにGP2アジアシリーズのチャンピオンを獲得した。

 さらにフォーミュラ・ルノー3.5やAuto GP、A1グランプリ、スポーツカーレースにも挑戦し、2014年からはe.DAMSとしてフォーミュラEにも参戦。2018-19シーズンにはニッサンe.DAMSへのテクニカルサポートというかたちで参戦している。

 チームは創設者の逝去に深い悲しみを示すとともに、FIA F2ハンガリーでのニコラス・ラフィティの勝利とセルジオ・セッテ・カマラの表彰台をドリオとの思い出に捧げるとした。また、DAMSでキャリアを過ごした多くのドライバーたちがSNSで悲しみを示している。

セルジオ・セッテ・カマラが駆るDAMSのマシン
セルジオ・セッテ・カマラが駆るDAMSのマシン
2009年GP2アジア バーレーンでチャンピオンを決めた小林可夢偉を祝福するジャン-ポール・ドリオ
2009年GP2アジア バーレーンでチャンピオンを決めた小林可夢偉を祝福するジャン-ポール・ドリオ


関連のニュース

本日のレースクイーン

STANLEYレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング