海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.09.10 12:10
更新日: 2019.09.10 12:20

フォーミュラE:ダ・コスタのBMW離脱が正式発表。後任はギュンターに決定


海外レース他 | フォーミュラE:ダ・コスタのBMW離脱が正式発表。後任はギュンターに決定

 BMWワークスを離脱すると報じられていたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが自身のSNSで陣営から離れることを正式に発表した。これに伴いABBフォーミュラE選手権に参戦するBMW i アンドレッティ・モータースポーツは、ダ・コスタの後任にマキシミリアン・ギュンターを迎えることをアナウンスしている。

 2018/2019年シーズン、ルーキーとしてフォーミュラEに初参戦したギュンターは22歳のドイツ人ドライバーだ。ジェオックス・ドラゴンから挑んだ昨シーズンは、全13ラウンド中10戦に出場しスーパーポールに2度進出。第8戦パリE-Prixと第11戦ベルンE-Prixでは自己最高位となる5位入賞を果たした。

 また、シリーズランキングでは経験が充分ではないにも関わらず、チームメイトのホセ-マリア・ロペスの順位を4つ上回るランキング17位となっている。

「マキシミリアン・ギュンターがBMWファミリーに戻るのを楽しみにしている」と語るのは、BMWグループ・モータースポーツディレクターを務めるイェンス・マルカルト。

「昨シーズン、我々は彼を注意深く見守っていた。マキシミリアンは度々、自分のクルマのパッケージから最大限の力を引き出すことに成功した」

「その結果、彼はいくつかの印象的なリザルトを残している。BMWのシングルシーターレースで戦った経歴を持つドライバーにとって、我々のチームはまさにぴったりと言えるだろう」

 また、BMWの若手開発プログラムであるフォーミュラBMWタレントカップでキャリアをスタートさせたギュンターも、このステップアップを素晴らしいものだと述べた。

「BMW iモータースポーツに参加するのは素晴らしいチャンスだ。BMW i アンドレッティ・モータースポーツはフォーミュラEにデビューした昨季、その最初のレースで優勝し、シリーズチャンピオン争いに最後まで関わっている」

「だからこそ、この移籍は間違いなく素晴らしいステップになると思う。またBMWで選手権を戦えることになるなんて最高だよ!」

「僕は2011年にBMWのシングルシーターでレースを始めた。そこがすべての始まりだったんだ」

■気になるダ・コスタの去就は……

2018/19年のフォーミュラEを戦ったBMW i アンドレッティ・モータースポーツのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(手前)とアレクサンダー・シムズ(奥)
2018/19年のフォーミュラEを戦ったBMW i アンドレッティ・モータースポーツのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(手前)とアレクサンダー・シムズ(奥)

本日のレースクイーン

ADVICS muta Racing fairies
藤井マリー(ふじいまりー)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング