海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.10.02 12:48

電動ツーリングカー『ETCR』にホンダ車も登場か。ヒュンダイは自社製『ヴェロスターN ETCR』シェイクダウン


海外レース他 | 電動ツーリングカー『ETCR』にホンダ車も登場か。ヒュンダイは自社製『ヴェロスターN ETCR』シェイクダウン

 ヒュンダイ・モータースポーツは、ハンガロリンクで同社初となるフル電動ツーリングカー『ヴェロスターN ETCR』のシェイクダウンを敢行。オントラックテストを成功裏に終え、初EVマシンのプログラムを順調にこなしたと発表した。また、ホンダ・シビック・タイプR TCRを製造するJASモータースポーツも、ETCRプラットフォーム用の電動ツーリングカー開発が準備段階にあることを示唆している。

 ヴェロスターN ETCRのテストは9月下旬に2日間のスケジュールで実施されたもの。ヒュンダイはステアリングを握ったテストドライバーが誰であるのか、その情報を一切明かしていないものの、車両設計や開発を担当したエンジニアたちが帯同し、ハンガロリンクでのシャシーバランス確認や、ミッドにマウントされた電動モーターの使用方法などが細かくチェックされた。

 現在このハンガロリンクは、TCR規定最高峰シリーズのWTCR世界ツーリングカー・カップと、TCRの源流を汲むTCRヨーロッパの両シリーズカレンダーに組み込まれており、4月に開催されたイベントでは、ヒュンダイ所属ドライバーが双方で勝利を飾っている。

 ヒュンダイ・モータースポーツでディレクターを務めるアンドレア・アダモは、新型ヴェロスターN ETCRのシェイクダウンテストを、次のようにふり返った。

「新プロジェクト最初のテストは、いつだって重要なマイルストーンになるものだが、このEVツーリングカーに関しては、さらに別の側面で重要な意味を持つステップとなった」

「我々にとって初となるこの電動競技車両は、ミッドシップ・モーターとリヤ駆動を採用した初のシャシーでもある。ここまでi30 N TCRやヴェロスターN TCRで、我々は強力なTCR規定ツーリングカーを世に送り出してきた」

「2020年を前に、このETCR規定向け車両のパッケージについて、より多くを学びたいと考えている」

9月のIAAフランクフルト国際モーターショーでラウンチされ、セアトの『クプラ e-Racer』に続くETCR規定2車種目のマシンとなった『ヴェロスターN ETCR』
ヒュンダイにとって、ミッドシップ・モーターとリヤ駆動を採用した初のシャシーにもなっている


関連のニュース

本日のレースクイーン

リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング