海外レース他 ニュース

投稿日: 2021.09.06 13:00
更新日: 2021.09.06 13:01

FIAが主導するGT3規定ベースの電動GT選手権に向け、GMが興味「より魅力的な選択肢のひとつ」


海外レース他 | FIAが主導するGT3規定ベースの電動GT選手権に向け、GMが興味「より魅力的な選択肢のひとつ」

 2021年の4月に創設がアナウンスされた、FIA(国際自動車連盟)による新たな電動GT選手権『FIAエレクトリックGTチャンピオンシップ(仮称)』に向け、ゼネラルモーターズ(GM)でスポーツカーレース・プログラムのマネージャーを務めるローラ・ウォントロップ・クラウザーは、将来に向け評価している「より興味深いシリーズのひとつ」だとして参入の可能性を示唆。本格的EVシフトを見せる本業との関連性を持つ活動として検討を進めていることを明かした。

 この4月にもその技術概要が公にされ、続く5月にはディスカバリー社とその子会社であるユーロスポーツ・イベントによるシリーズプロモーター就任も発表された新EV選手権は、現在の市販モデルに電気自動車を展開する各メーカーやブランドに対し、モータースポーツを通じて電動モビリティの関連技術開発を行うプラットフォームの提供を目的としてグランドデザインが描かれた。

 そのため、現時点でカスタマーレーシング向けにGT3規定モデルを展開する多くのマニュファクチャラーに対し、既存レースカーの「アーキテクチャーと特定の設計要素」を活用し、その骨格とベースシャシーを利用して「電動モデルに変換」できる、コンバート案の展開が計画されている。

 これにより最大出力430kW(約577PS)、最低重量1490~1530kgの範囲に収められた“GT3コンバートEV”の活用が見込まれるその新シリーズは、世界中の常設サーキットを舞台に2023年のラウンチを予定しており、翌年には北米でのシリーズ戦を中心にヨーロッパ、アジア、中東地域でのリージョン選手権開催も目指しているという。

 まだ具体的なシリーズ関与へのタイムラインは示していないものの、前出のクラウザーは自動車界の巨人たるGMにとっても「確実に調査に値する」新たなモータースポーツ・プログラムであるとして、終了が決まったLM-GTEのファクトリー活動に取って代わる可能性があることを匂わせている。

 その背景には、現在開発が進行中である2024年登場予定のC8型シボレー・コルベットをベースとした新型GT3車両の存在があることに加え、さらなる噂として2023年に市場投入が計画されている1000PS級の出力を誇るC8コルベットのプラグイン・ハイブリッドモデル、コードネーム“E-Ray”を使用する案も囁かれている。

 直近には市販EVの先駆的モデルである『Volt(ボルト)』にバッテリー・リコールの問題が発生するなど不安要素を抱えつつも、現在GMのEVモータースポーツ活動としてフル電動ブランドとして復刻させた“HUMMER(ハマー)”の商標を電動ワンメイクSUVによるオフロード選手権『Extreme E(エクストリームE)』で展開しており、市販ラインアップでは2025年までにグローバルで30車種のフルEVを投入する“オールエレクトリック・フューチャー”の計画を推進している。

FIAが主導する新たな電動GT車両は、現在のICE(内燃機関)を搭載するGT3カーと同等のパフォーマンス・ウインドウが狙われる
市販ラインアップでは2025年までにグローバルで30車種のフルEVを投入する“オールエレクトリック・フューチャー”の計画を推進している

■次のページへ:GMが電動GTシリーズに参加するかは「まだ未定」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース