海外レース他 ニュース

投稿日: 2022.04.05 12:01
更新日: 2022.04.05 12:02

デニー・ハムリンが待望の今季初勝利、トヨタ・カムリが“Next-Gen”初優勝/NASCAR第7戦


海外レース他 | デニー・ハムリンが待望の今季初勝利、トヨタ・カムリが“Next-Gen”初優勝/NASCAR第7戦

 4月2~3日の週末にアメリカ・バージニア州リッチモンド・レースウェイで開催された、2022年のNASCARカップシリーズ第7戦『トヨタ・オーナーズ400』は、そのイベント冠名どおり北米トヨタの故郷のひとつでもあるチェスターフィールドのトラックで、デニー・ハムリン(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)が今季初優勝。2022年最初の勝利をこれ以上ない場所で記録すると同時に、ケビン・ハーヴィック(スチュワート・ハース・レーシング/フォード・マスタング)とウイリアム・バイロン(ヘンドリック・モータースポーツ/シボレー・カマロ)をわずか0.552秒差で抑え、トヨタ・カムリが新車両規定“Next-Gen”での初勝利を飾っている。

 ロードコース決戦となった前週のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)に続き、0.75マイルのショートオーバルで開催された第7戦は、開幕から数戦を経た現状でも「新規定マシンのスピードをまだ探っている状態」としながらも、トヨタ陣営のJGR勢が好調さを披露。最初のプラクティスでカイル・ブッシュ(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)が最速タイムを記録した。

 しかし予選に入ると一転、ライアン・ブレイニー(チーム・ペンスキー/フォード・マスタング)がこの4週間で3度目となるポールポジションを獲得し、バイロンに次いでカイルがトヨタ勢最上位の3番手に。

 背後にはチェイス・ブリスコ(スチュワート・ハース・レーシング/フォード・マスタング)とエリック・ジョーンズ(ペティGMSモータースポーツ/シボレー・カマロ)を挟んで、マーティン・トゥルーエクスJr.(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)が3列目6番手に続く結果となり、驚速ブレイニーがここリッチモンドでは初、キャリア通算12度目の最前列から日曜決勝のスタートを切ることとなった。

 その日曜400周の決勝も、序盤のステージ1こそブレイニーがそのまま優位を保って制圧したものの、リッチモンドの地元戦では過去8シーズンで通算5勝、4人のドライバー全員が3年連続トップ10フィニッシュを記録しているJGR勢が逆襲。終盤の90ラップでバイロンがラップリーダーを記録したものの、24号車のシボレー・カマロZL1はアンダーグリーンの新品タイヤ交換でロスを喫すると、過去5年間でリッチモンド3勝を誇るトゥルーエクスJr.がステージ2勝利をさらっていく。

■次のページへ:「今でも勝ったことが信じられない」とハムリン

最初のプラクティスではカイル・ブッシュ(Joe Gibbs Racing/トヨタ・カムリ)が最速タイムを記録した
この4週間で3度目となるポールポジションを獲得したライアン・ブレイニー(Team Penske/フォード・マスタング)が、序盤のステージ1も制する
過去5年間でリッチモンド3勝を誇るマーティン・トゥルーエクスJr.(Joe Gibbs Racing/トヨタ・カムリ)がステージ2勝利をさらっていく


関連のニュース