海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.01.17 21:46
更新日: 2017.01.17 22:15

台風、WEC、DTM……バッティングを避けたいフォーミュラE、2017/18シーズンは12月に開幕か?


海外レース他 | 台風、WEC、DTM……バッティングを避けたいフォーミュラE、2017/18シーズンは12月に開幕か?

 フォーミュラEは、2017/18シーズンの開幕戦を12月に行うことを検討しており、その開催地は香港であることが濃厚とのことだ。

 昨年の10月9日に香港で開幕したフォーミュラE2016/17シーズンは、第2戦のマラケシュのあと、レーシングシミュレーターを使いプロドライバーとゲーマーが対決する特別戦『ベガスeレース』を設定したが、通常のラウンドでいえば、11月に開催された第2戦と、2月に開催される第3戦ブエノスアイレスとの間に約3カ月のインターバルが存在し、シリーズはこのインターバルを埋めるレースを設定できなかった。

 シリーズのCEOを務めるアレハンドロ・アガグは、来シーズンの開幕時期をもう少し遅く設定するという意向を明かした。

「来シーズン、10月に香港でレースを開催することは無いだろう」と語る。10月の香港は台風シーズンのため、それを避けることも開幕時期をずらすひとつの理由だという。

「香港で開幕することが望ましい。現在、開催時期を11月の下旬、あるいは12月の第1週に設定することを検討中だ。そして、1月と2月は、今シーズンよりも多くのレースを開催することになるだろう。F1など他のカテゴリーは、11月にはシーズンが終了するため、12月は問題なくレースのスケジュールを設定できるはずだ」と述べた。

 3カ月のインターバルのほか、今シーズンは世界耐久選手権(WEC)のスケジュールと2レースがバッティングしている。メキシコで行われる第4戦はWECの公式テストと日程が重なっており、初開催となるニューヨークラウンドは、WEC第4戦のニュルブルクリンクとバッティングしている。

 加えて、第6戦のパリと第8戦のブリュッセルはドイツツーリングカー選手権(DTM)の日程とも重なっている。他のカテゴリーとのバッティングを避けるべく動いていると語るアガグは「WECとのバッティングを避けようと行動したが、WEC側がスケジュールを変更してきた」と明かした。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

麻布チェリーズ
藤森マリナ(ふじもりまりな)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング