レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

海外レース他 ニュース

投稿日: 2022.08.10 17:55
更新日: 2022.08.10 17:58

初ポール獲得のバッバ・ウォレスを降し、ケビン・ハーヴィックが実に65戦ぶりの勝利/NASCAR第23戦

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


海外レース他 | 初ポール獲得のバッバ・ウォレスを降し、ケビン・ハーヴィックが実に65戦ぶりの勝利/NASCAR第23戦

 レギュラーシーズンも終盤戦を迎えた2022年NASCARカップシリーズ第23戦『FireKeepers Casino 400』が8月6~7日にミシガン・インターナショナル・スピードウェイで開催され、2020年9月のブリストル戦以来、実に65戦も勝利から見放されていたケビン・ハーヴィック(スチュワート-ハース・レーシング/フォード・マスタング)が、キャリア初ポール獲得のダレル“バッバ”ウォレスJr.(23XIレーシング/トヨタ・カムリ)を降して今季15人目のウイナーに。この結果、プレーオフのカットライン以下だったポイントランキングでも、暫定9位と進出圏内に浮上している。

 ミシガンでの週末に向けシボレー陣営のリチャード・チルドレス・レーシングは、現在エクスフィニティ・シリーズやキャンピング・ワールド・トラック・シリーズを主戦場とする28歳のオースティン・ヒルをカップ・デビューさせると発表し、一方の23XIレーシングも、ここ2戦でカート・ブッシュの代役を務めてきたジョー・ギブス代表の孫、タイ・ギブスの継続起用をアナウンスした。

 こうして始まった最初のプラクティスでは、ここ数戦のレース展開を踏まえ「チームを覆っている暗い雲を見れば、俺たちは何度も間違った場所に、間違ったタイミングでいたようだ」と語ったカイル・ブッシュ(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)がまずは最速をマーク。

 2番手以下もウォレス、デニー・ハムリン(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)、ギブス、そしてマーティン・トゥルーエクスJr.(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)とカムリ勢がトップ5を占め、午後の予選に期待を抱かせる展開に。

 するとセッション最終走者として登場したウォレスが平均190.703マイル(37.755秒)の最速タイムを叩き出し、自身のカップ戦キャリア初ポールを獲得したのみならず、新興23XIレーシングの歴史上でもチーム初ポールをもたらしてみせた。

「そろそろ時間だ。最初のポールを獲得するのに5年も掛かったんだからね」と笑みを浮かべたウォレス。「これは23XIのすべてのメンバーに対するハードワークの証であり、素晴らしい仕事をして来た証明だ。ここまでその努力に値するフィニッシュを達成して来れなかったが、皆でそれをやり遂げたことを誇りに思っている」

「だが本当の仕事は明日であり、それはまったく異なる競技であることを僕らは知っている。だから、スピードがある日にこうしてポールを獲得でき、我々にとっては良いスタート地点だが、リセットして明日の準備をしなければね」

カップシリーズ5年目にして、自身初のポール獲得となったダレル“バッバ”ウォレスJr.(23XIレーシング/トヨタ・カムリ)
カップシリーズ5年目にして、自身初のポール獲得となったダレル“バッバ”ウォレスJr.(23XIレーシング/トヨタ・カムリ)
引き続き好調、今季“台風の目“ことロス・チャスティン(トラックハウス・レーシングチーム/シボレー・カマロ)は、再び決勝でアクシデントの引き金に
引き続き好調、今季“台風の目“ことロス・チャスティン(トラックハウス・レーシングチーム/シボレー・カマロ)は、再び決勝でアクシデントの引き金に
決勝はレインシャワーによるディレイを経ての勝負となった
決勝はレインシャワーによるディレイを経ての勝負となった
クリストファー・ベル(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)やカイル・ブッシュ(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)らを含め、スタートからトヨタ勢が隊列を率いる
クリストファー・ベル(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)やカイル・ブッシュ(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)らを含め、スタートからトヨタ勢が隊列を率いる

■次のページへ:最後のコーションで優位に立ったハーヴィックが快勝


関連のニュース