F1ニュース

2013.11.01

「スーパーアグリ」が復活!フォーミュラEに参戦へ


     スーパーアグリが2014年にスタートするフォーミュラEに参戦することが明らかになった。

     フォーミュラEは電気エネルギーのみを利用するフォーミュラカーが走る新しい選手権で、2014年にスタートする。

     2006年から2008年にF1に参戦したスーパーアグリが、「スーパーアグリ・フォーミュラE」(SAFE)としてフォーミュラEに参戦することが金曜発表されたとautosport.comが伝えた。

     鈴木亜久里氏、スーパーアグリでテクニカルチーフを務めたペーター・マクール、マーク・プレストンがチームを率いるという。

    「FIAフォーミュラEプロジェクトが発表された時、我々はすぐに関心を持ち、プランをスタートさせた」とマクールが英AUTOSPORTにコメントした。

    「今年我々は(プロモーターの)アレハンドロ・アガグと彼のチームに会い、SAFEプロジェクトに関する意図と目的を彼に伝え、日本とアジアを代表するフォーミュラEチームへのビジョンを示した」
    「夏の間に亜久里が活動し、プロジェクトの最後の大きなパーツができあがった。今は、FIAフォーミュラE選手権の初シーズンを楽しみにしている」


    この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    Mobil1 レースクイーン2019
    佐崎愛里(ささきあいり)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング