F1ニュース

2013.12.07

「トヨタF1の成功を阻んだのはひとりの男だった」トゥルーリQ&A(1)


 2004年終盤から2009年末までトヨタF1チームに所属したヤルノ・トゥルーリが、イタリア人ジャーナリスト、パオロ・チッカローネのインタビューにこたえ、トヨタには実力が十分あったにもかかわらず勝てないままF1から去らなければならなかったのは、あるひとりの人物がチームをうまくリードできなかったからであるとの考えを語った。

 トゥルーリは、トヨタがF1から撤退する2009年末まで5年以上を同チームで過ごし、トヨタにとっての初表彰台(2005年マレーシアGP2位)、初ポールポジション(2005年アメリカGP)を獲得した。
 その後、何度か表彰台獲得はあったものの、トヨタは優勝を達成できないまま、2009年末でF1から去った。

 2014年、F1は1.6リッターV6ターボエンジンを採用する。F1レギュレーションの大きな変更に伴い、ホンダはパワーユニットサプライヤーとして2015年に復帰することを決めた。トヨタが復帰する可能性はあると思うか、との問いに対し、トゥルーリは戻ってくれば嬉しいが、前回の参戦時と同じ過ちを犯してはならないと語った。


F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    尾林ファクトリー/2019TAS
    増田みずき(ますだみずき)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング